絶品・カンタン☆自家製ベーコンの作り方!?

ベーコンの作り方

私たちにとって身近な加工食品ベーコン。慣れ親しんだ食材ですが、加工食品であるがゆえ、自分で作るのは難しそう…というイメージが強いと思います。確かに時間はかかるけれど、意外と作り方はカンタン!

なので、次の週末にぜひベーコン作りにチャレンジしてみませんか?今回は初めての方でも無理なく作れる自家製ベーコンの作り方を紹介します。

1. 必要な材料をそろえよう

豚バラ肉ブロック(300g~お好みの量)、粗塩(お肉の量の4%程度)のふたつがあれば、完成します!ただ、せっかくお手製のベーコンを作るのであれば、自分好みの好きな味付けにしたいですよね。他には、砂糖、スパイス、ハーブ、胡椒などをいれても美味です!

また、お肉については豚バラ肉以外でも肩ロース肉もおすすめです。ベーコンといえば、たっぷりな脂身に旨みが濃縮されていますが、肩ロース肉を使えば、カロリー控えめなベーコンを作ることができます。

2. お肉の下処理をする

まずは、お肉の仕込みからです。作りたいベーコンの大きさにお肉をカットします。お店で売っているくらいの大きさにしてもよいし、自分で作るのだから贅沢に大きく1kg位の大きさにカットしてもよいです。

カットしたお肉は水でしっかり洗います。そして、味をしっかり染み込ませるために、フォークなどで表面に穴をあけていきます。

3. お肉を漬け込む

次は味付けです。ベーコンの作り方の中でも肝になる部分です。粗塩をお肉の表面にまんべんなくもみこんでいきます。砂糖も使うのであれば、塩の前に砂糖をつけましょう。粗塩のもみ込みが終わったら、お好みで胡椒、ハーブ、スパイスなどを振りかけます。香辛料を投入することで香り高く、より味わい深いベーコンを作ることができます☆

調味料をしっかりお肉に擦り込んだら、ラップでくるみ真空パックに入れて冷蔵庫で寝かせます。5日~7日が目安です。1日に1回程度上下を入れ替えるとよいです。お肉が空気に触れると酸化・変色してしまうので、ラップで包む際はしっかりと!

4. 塩抜きして乾燥させる

冷蔵庫からお肉を取り出し、調味料や染み出た肉汁を洗い流します。その後、水にお肉を3時間程度つけておきます。ここでしっかりと塩抜きをしないと塩辛いベーコンになってしまいます。端のほうを切ってフライパンで焼いて塩加減をチェックしてみることをおすすめします。味見してちょうどよいくらいだと感じたら、もう少し塩抜きしたほうがよいです。少し薄めくらいの味付けに仕上げておくのがポイントです。

塩抜きが終わったらペーパータオルでしっかり水切りをします。ラップでくるまず、まな板などにのせて冷蔵庫に再び戻し、一晩寝かせます。

5. いよいよ燻製をしよう

ここまででようやく長かった下準備が終わりました!スモーカーにお肉をつるして60℃~70℃で3時間ほどスモークして完成です。

燻製が終わったらすぐに食べる!でももちろんおいしいのですが、一晩寝かせると味がなじんでより美味になります。

6. もうひとつの塩漬け方法

お肉の味付けには、すでにご紹介したベーコンの作り方以外にもう一つのやり方があります。上でご紹介した方法は乾塩法とよばれ、もう一方の方法は湿塩法とよばれるものです。

湿塩法とは、使用する調味料を溶かしたソミュール液(またはピックル液)に漬け込み味付けする方法です。

乾塩法は、肉の表面と内部の塩分濃度が異なり味にムラが出やすく失敗するリスクがあるというデメリットがある一方、うまく漬け込めると余分な水分がなく旨みが濃縮された仕上がりになります。

湿塩法は、味が均一になりやすく失敗のリスクな少ない、そしてジューシーで柔らかな仕上がりになります。

ベーコンの作り方でどちらの方法を使うか?はお好みの仕上がりで決めてもよいし、初心者の方であれば、まずは湿塩法を試してみることもおすすめです。

7. ソミュール液の作り方

湿塩法では、ソミュール液に漬け込んでベーコンを作ります。冷蔵庫で寝かせて、塩抜き、乾燥、燻製という塩漬けより後の工程は同じですので、ソミュール液の作り方が分かれば、湿塩法によるベーコン作りが可能です。

それでは、ソミュール液の作り方を見ていきましょう。

(出典:https://cookpad.com/recipe/4091743

≪材料≫
塩…150g
水…1000ml
三温糖…70g
ローリエ…3枚
スパイス…少々
醤油…50ml
めんつゆ…20ml

≪手順≫
材料をすべて鍋に入れ、沸騰するまで強火で火にかけます。沸騰したら弱火で20分煮込み、アクが出たらとります。30分煮立たせたら完成です。
これを真空パックにいれ、お肉を漬け込み冷蔵庫で寝かせて、塩抜き以降の工程に進んでください。

8. 他にもたくさん!ベーコン作りのバリエーション

定番のベーコンを作ってみて、一味違うベーコンを楽しんでみたい!という方には、ひとひねりアレンジを加えたベーコンの作り方をおすすめします。

①塩麹を使ったベーコンを作る

オーソドックスなベーコンの作り方では食塩を使います。この食塩の代わりに塩麹を使ってもおいしいベーコンができます。お肉の量の8%程度が使用料の目安です。

塩麹はお肉を柔らかくしうまみ成分を引き出す働きをしてくれるので、塩で作るベーコンとはまた違う味わいを楽しむことができます。

②ブラックペッパーたっぷりのベーコンを作る

塩漬けの過程で、ブラックペッパーをたっぷりふりかけると、お酒のおつまみに最高のベーコンができます。標準的なベーコンの作り方に少しアレンジを加えるだけなのでお手軽な方法です。

③燻製チップにこだわってみる

スモークの際にどんな燻製チップを用いるかによって、どのような香りのベーコンかは大きく変わります。一般に、ベーコン作りに適した燻製チップとしてはサクラ、ヒノキ、ブナ、ピート、メスキートなどがあります。最もメジャーなものはサクラですが、スコッチウィスキーを思わせる香りでおつまみベーコンにおすすめなピートなど様々な種類のチップを使うことでバリエーションを一気に増やすことができます!

おわりに

いかかでしたか?今回は自家製ベーコンの作り方をご紹介しました。自分で作るには難しそう…と少しハードルが高いベーコンですが、自分で作ったベーコンで味わう料理は格別の味!

優雅な休日のおともに、ぜひベーコン作りにチャレンジしてみてください!

アップルベーコンといえば、ジャーマンポテトに合う!

アップルベーコン

アップルベーコン、あなたはお試しになりましたか?スライスしたものをパック詰めした商品と、ブロックのままの商品の2種類がありますが、初めての方はぜひスライスベーコンでチャレンジしてみましょう。

1. ベーコンとは違う!しっとりとした味わいは癖になる!

ベーコンの特徴は高カロリーということ。ちなみに100gあたりの塩分は2.0g、カロリーは405Kcalあります。ですが、カリカリに炙って、ビールのおつまみにすると、この上なくうまい!

と、いうことは、ビール+ベーコン=ドイツ!ということで、特にジューシーさが際立つアップルベーコンとジャーマンポテトでアレンジしてみましょう。

2. アップルベーコンは、深い鍋で炒め、ポテトとの運命の出会いを

アップルベーコンはスライスして刻み、そのまま深い鍋かフライパンで炒めます。色が程よくついたところで、水100CC、固形ブイヨンを入れます。

溶け切ったところで、ジャガイモを皮をむいたままの状態で、ゴロンと鍋に入れて蓋をしましょう。ジャガイモとアップルベーコンを一緒に蒸していきます。15分ほど蛍火で煮たら、お鍋を火から下ろしましょう。

そのあとは、ゆっくりと冷ましながらかき混ぜていきます。この際、多少崩れても構いません。このとき、アップルベーコンのジューシーさが、ジャガイモにしっかりと馴染んでいきます。

なお、ドイツではお団子状にしたポテト料理も盛んですが、大人の握りこぶしくらいの大きさでも、平気で食卓にでてきます。

3. 単純な味付けなのに、アップルベーコンだから、味わいがいい!

さて、このアップルベーコン入り、ポテトですが、お好みのソースをかけることで、楽しみが加わります。塩胡椒だけでも構いませんし、その時の気分でデミグラスソースを賭けてもよいでしょう。

まずは、味見をしてみましょう。いかがでしょうか?アップルベーコンは実はわずかに甘い香りがする程度で、りんごがもたらすのは、肉質の柔らかさの方が強いのです。

ジンギスカン肉でもりんごを漬けることがありますが、調理する時の柔らかさがとてもよく、味わっていただけるのが特徴。豚がりんごを食することでもおわかりのように、りんごは様々な肉質にとても相性がよいのです。

これに、ポテトが丸ごと加わることで、実に豪快な料理が簡単に味わえます。また、冷えたビールには殊の外ぴったりですし、アルコールには弱い、という方にはシードルでりんごづくしという手もアリです。

ぜひ、味わってみてください。上手になったら、ブロックでいろいろ試すとよいでしょう!

『カリカリベーコンを作る方法』 朝食には欠かせません!

カリカリベーコン

みなさんのご家庭の朝食には、どんな料理が並んでいるでしょうか?
朝食の風景は各家庭さまざまだと思いますが、朝食に目玉焼きとベーコンが並んでいるご家庭も多いのではないでしょうか?

ホテルの朝食などでも目玉焼きとベーコンが出てくることって多いですよね。
そんなベーコンをホテルで出てくるようなカリカリに焼く方法ご存知ですか?

実際に自分でベーコンを焼いてみると、なかなかカリカリになりませんよね…。
弱火でじっくり焼けばカリカリになりますが、それだと時間がかかりすぎて朝の慌ただしい時間にはちょっと難しいですよね。

今回は「忙しいけど、カリカリベーコンを朝食に出したい!」という方のために、簡単にカリカリベーコンを作る方法をご紹介します。

1. 電子レンジでチン!

最初の方法は電子レンジを使った方法です。

用意するもの
・ベーコン 2枚
・ペーパータオル 3枚

①耐熱性のお皿の上にペーパータオルを2枚敷きます。
②薄くスライスされているベーコンを皿の両端に1枚ずつ並べます。
③上からペーパータオルを1枚かぶせて、軽く手で上から押さえます。
④そのまま電子レンジに入れて500Wで1分ほどチンします。
⑤ベーコンを裏返して、またペーパータオルをかけて、レンジで1分チンします。
⑥取り出して脂が抜けていないようであれば、さらに10秒ほど加熱します。
⑦脂が抜けたら、最後にペーパータオルで表面の余分な脂をふき取って完成です。

ちょっとペーパータオルを使ったりするのは面倒かもしれませんが、じっくりフライパンで焼くよりは楽ちんですよね。

2. 砂糖をふりかける!

今度は砂糖をふりかけてベーコンをカリカリに焼く方法です。

用意するもの
・ベーコン お好みで
・砂糖 ひとつまみ

①砂糖をひとつまみ、フライパンの面にまんべんなくパラパラとふりかけます。
②あとは油はしかずにいつものようにベーコンを両面焼いて完成です。

なぜ砂糖を入れることでベーコンがカリカリになるかというと、砂糖が熱されることでカラメル化してカリカリの食感が生まれるのです。
この方法のカリカリの正体は砂糖なので、本来のベーコンのカリカリとはちょっと意味合いが違うかもしれませんが方法としてはとても簡単。
まさにひと手間加えるだけですからね。

味はほんのり砂糖の甘みが出るので好みが分かれる部分かもしれませんね。

「朝食には目玉焼きとカリカリベーコンでしょ!」という人は、一度ぜひ今回の方法を試してみてください。
あなたの理想のカリカリベーコンが入った朝食が出来上がるかもしれませんよ。

ベーコンは味のアクセントにも、ベースにもなれる素晴らしき食材

ベーコン

炒め物、スープ、そのまま食べても抜群に美味しいベーコン!特に分厚くカットしてあるベーコンは食べ応えもあり、つい最後までお皿の中で大事に取っておいてしまいます。ほどよい塩加減や調味料の味もするので、料理の中でも、肉のうま味と合わせてとてもいい仕事をしています。

1. ベーコンが出来上がったのは偶然?

さて、ベーコンはそもそもどんな形で生まれてきたのか、少しご紹介をします。

現代ほど保存や冷蔵などの技術が発達していなかった時代には塩漬けをすることで食品を長期保存できるようにしていました。寒い時期や寒い地域などでは特にこの塩漬けをする食料保存方法が発達をしてきたのです。現代でも「塩豚レシピ」が流行し、定着してきています。こうして塩漬けした肉が柔らかく、味もしっかりしていて多くの人に好まれるようになりました。

一説には船で移動をすることが常識だった紀元前ごろ船に乗せていた塩漬け肉が、船の中の薪の煙に燻され、とても美味しくなっていたことよりベーコンが生まれたという話もあります。ベーコンは昔の人の塩漬けにして保存するという知恵と、船での常備食としての塩漬け豚が偶然出来上がったという運のツキによって生まれたものです。

2. 日本にベーコンが最初に作られたのはいつ?

では、日本でベーコンがつくられたのはいつでしょうか。時はさかのぼること約150年前の明治維新のころです。新しい衣食住が現れはじめたころ、日本にもベーコンが知れ渡ってきました。長崎大浦の片岡伊右衛門という人が、長崎にいたアメリカ人によりハムの製法を伝授され、1873年に東京農事試験場にて試作をしているという記録が残っています。江戸時代はあまり獣肉食をしなかったため、タンパク質不足に悩まされていた日本人にとって、この明治時代の食の発展は日本人の健康に大きく貢献したと言えます。

3. 自宅で簡単手作りベーコンレシピ♪

ここで、自宅で簡単に作ることのできる、簡単ベーコンの作り方もご紹介します♪じつはベーコン、とても簡単に自宅でつくることが出来るんです!「燻す」ということがとても難しそうに思えますが、桜チップがなくても「紅茶」で簡単に燻すことができます。その方法は、ティーパックなどから出した紅茶をクッキングペーパーの上にまき、下ごしらえをしたお肉を置いて、約30分程度で出来上がりです♪

ベーコンの下ごしらえは適量の塩・コショウを使い、だいたい2〜3日放置します。そのお肉にうま味を封じ込めるために表面のみフライパンで焼き色をつけ、オーブンへIN!すごく簡単ですよね、基本ほっておいてOKです!お友達とのおうちごはんパーティやクリスマスなどにもピッタリなおすすめでレシピです。

ベーコンを使ったカクテルを飲みたい!

ベーコン

ベーコンが大好きな私。焼くと香ばしさが増しますし、煮ても味に深みがでますし、パンに挟んで食べると美味しさがUPします。魅力は、あの肉汁。ぎゅぎゅっと旨みが詰まっているから、何か他の料理に応用できないかしら? と友人の肉食系女子に相談しました。するとベーコンを使ったカクテルを教えてくれたのです。お酒+ベーコンの組み合わせ、あなたも挑戦してみませんか?

1. ベーコンとお酒との相性は抜群

脂とお酒、あまり合わないように思いますが、意外と美味しいんですって! 美味しくできるのは、ベーコンをウォッカに2日間ほど漬けこんだカクテルだそうです。ベーコンの味と風味を染み込ませたそのウォッカを使ってカクテルをつくるとか。

まずは、ベーコンウォッカにライムやジンジャーエールで割った「モスコミュール風」。またベーコンウォッカにグレープフルーツジュースで割り、グラスの淵に塩を付けた「ソルティードッグ風」もイケるとか。さらに、ベーコンウォッカにトニックウォーターで割り、檸檬をひとかけら加えた「ウォッカトニック風」も美味しいそうです。どれもサッパリ味のカクテルなのでベーコンのウォッカでコクをプラスした感じになりそうね。芳香な香りが漂い、何杯でも飲めてしまうかもしれません。マドラーかわりにセロリのスティックでステアすると、雰囲気が盛り上がります。

そんなベーコンウォッカを作るのが面倒な時は、購入してしまいましょう。シアトルのBlack Rock Spiritsは、すでにベーコンの風味が付いたウォッカだそうです。手間が省けました。コレを使って自分の好みのカクテルを考案してみるのも良いかもしれません。

2. 世界には面白いカクテルを考える人達がいる

他にどんなベーコンを使ったカクテルがあるのか調べてみました。イギリスのイベントで紹介されたのが「黒焦げの残骸」という名のカクテル。ちょっと不気味な名前です。作り方はブラディマリーに、ウォッカ、ウイスキー、ウスターソース、パプリカ、ペッパー、檸檬などをミックスし、最後にカリカリに焼いた大きなベーコンを乗せたものらしい。どんな味か試そう・・・とは思いませんが、世間の注目を浴びたのは間違いなさそうです。

アメリカのテキサス州でお披露目されたのは「ベーコンビールシェイク」。ビールを飲みながらベーコンを頬張って、シェイクも飲みたいという欲張った夢を一度に叶えてしまおうとしたものらしいです。作り方は簡単。ミキサーにバニラアイス、メープルシロップ、キャンディーベーコン(カリカリに焼いたもの)、ラガービールを入れて混ぜるだけ。グラスに注いだら、ホイップを盛り付け、ベーコンキャンディーを振りかけて完成。たぶん甘い味でしょうけれど・・・ん~試飲する気には・・・ちょっと。肉食系女子でも、これを飲むには根性が入りそうです。

とはいえ、世の中には面白い飲みものを考える人がいるものです。それもこれもベーコンLOVEの気持ちが強いからでしょうか。嬉しい限りです!

『二日酔いの朝はベーコン!』を知ってました?

ベーコン
さて皆さん、二日酔いでヘロヘロになって迎えた朝、何を食べますか? 昔から二日酔いには「しじみ汁」と言われています。これはしじみに含まれるタウリンという成分に肝臓の働きを助ける作用があるため。理にかなった食事です。でも、私は肉食系! じしみではなくベーコンで二日酔いを撃退します。えっ、そんなのアリ? 今そう思いました? 実はこれも理屈に合った食事なんですよ。

1. アルコールを分解を高めるには何が必要?

そもそも、二日酔いとは大量にアルコールを摂取し過ぎたため、肝臓がアルコール分解にかかりきりになり、糖分を造り出せなくなっている状態をいいます。だから低血糖状態に陥り、頭痛がしたり身体がだるかったり、気力が出なかったりするのです。アルコールの分解には多量のエネルギーが必要です。つまり即エネルギーになる食べ物を身体に入れてあげた方が二日酔いから早く離脱できるというワケ。

英国では、二日酔いの朝はベーコンエッグとトースト、目玉焼きとソーセージ、チーズマフィンとベーコンといった朝食を食べる民間療法があります。そして飲み物はミルク。朝から重い食事だなと感じられるかもしれませんが、疲れた肝機能の修復を促すために、高脂肪な食べ物とともにミルクや卵、チーズなどの高タンパク質を補給するのが一番だといわれています。

日本の高タンパク質な食べ物といえば豆腐や油揚げ、味噌あたり。なるほど、しじみを味噌汁にするのはそのためだったのですね。国は違えど、二日酔いを素早く解決したい悩みは同じ。先人の考えは、素晴らしい朝食を教えてくれていたのです。

2. 二日酔いの朝こそ脂っこい朝食を!

アルコールの分解を促す最速の方法は脂肪が多い高カロリーなものをたべること。これって、肉食系の私にピッタリな方法です。ベーコンやハム、ソーセージは、ビタミンB群の栄養が豊富です。中でもビタミンB1は、別名「疲労回復のビタミン」といわれるほどで、糖質をエネルギーに変える時に不可欠なもの。もりもり食べて、ふらふらな身体を早く元気にしてあげたくなります。

もちろん高カロリー・高脂肪な食べ物だけでは栄養が偏ってしまいます。抗酸化作用にある緑黄色野菜も一緒に食べるのがベストですね。できれば温かい野菜スープの方が良いですが、冷たいサラダでも身体に入ると身体がシャキっとなり気だるさや不快感が消えていきます。

ただ、食欲がないのに無理して食べると、逆に戻すことになるから注意してくださいね。「ティファニーで朝食を」ならぬ「二日酔いにベーコンを」が、現代の合言葉です。