焼肉のホルモンのカロリーは?旨いがカロリーが心配…

焼肉 ホルモン カロリー

焼肉はご飯が進むし、ビールも旨いけれどカロリーが心配です。でも、焼肉は食べたいですよね?

そこで注目されているのはホルモンです。焼肉において、ホルモンのカロリーはカルビやロースなどと比べると低カロリーというイメージがあります。

焼肉をしてもカロリーの心配がいらないならばこれほどいい話はありません。ですのでホルモンのカロリーについて述べたいと思います。

1. 焼肉はカロリーが高い?

そもそも焼肉は太るのか?カロリーをとりすぎてしまうものなのか?そこから明らかにしていきましょう。

皆さんは焼肉をする時は、肉だけを食べますでしょうか?

もちろんホルモンや、野菜も焼いて食べるとは思いますが、前述したとおり、焼肉は、ご飯が進むし、ビールと一緒だとなお美味しい、と思う方も多いことでしょう。ですのでついつい焼肉一回あたりの摂取カロリーは必然的に増加しますね。

一部の地域ではご飯が冷麺だったり、また人によってはビビンバを頼んだりすることもあろうかと思いますが、いずれにしてもそれらは炭水化物。どうしてもカロリーの高いものとなりますね。

ビールなどはアルコールや糖分もありますからこれもカロリーは高めです。

確かに肉自体のカロリーも決して低くはないのですが、どうしてもカロリー摂取量が増えてしまいます。

2. ホルモンとは何か?

焼肉をすると、どうしてもカロリーを余計に摂ってしまいます。そこでホルモンをカルビなどの赤身肉や霜降りの肉などと置き換えたら摂取するカロリーの総量も減らせるし、なによりホルモンは多種多様ですからいろんな食感や味も楽しめることでしょう。

ちなみにホルモンと言うのは、「牛や豚などの臓物」をさし、語源は「捨てるもの」という意味の関西弁に由来するとも生理活性物質(インスリン、アドレナリン、エストロゲンなど)のホルモンに由来するともいわれており、諸説あります。しかしながら、この場合におけるホルモンは「内臓」ですので、それはいわゆるカルビやバラ肉、ロースとはその組成から違いがあります。

いわゆるカルビなどの赤身の部分は「筋肉」ですが、それは性格には「横紋筋」と呼ばれるものに相当します。こちらは腕や胸、背中などの「骨格筋」を形成しており、その生体の意思で自在に動かせるため「随意筋」とも呼ばれています。しかしながら「心筋」は例外で、横紋筋であるにもかかわらず自在に動かすことができず、「不随意運動」をします。骨格筋はその仕事量は大きいのですが、多くのカロリーを消費し、疲弊します。ですが心筋や、これから述べる「平滑筋」は疲れ知らずで常に動くことができる性質を有しています。

横紋筋に対する、平滑筋は胃や腸などの内臓を構成する筋肉で、前述したとおり休むことなく動くことができる性質を持ちます。しかしながらその生体の意思で自由に動かすことはできず、「不随意運動」を続けています。

このように、そもそもカルビ、バラ、ロースに対して、ミノやレバー、マメなどは明確な違いがあります。

確かにこれらのホルモンには脂肪がついてはいますが、ご存知のとおりカルビやバラやロースは骨格筋ですから、筋肉に脂肪がくっついているか、その中に脂肪が入り込んでいます(いわゆる霜降り肉)。

身体を動かす、物を持つなど、その仕事量が大きいために脂肪としてエネルギーを蓄え常に供給できるようになっており、なにより焼肉においてはわざと脂肪がついた状態でそれらを供するわけですから、どうしても脂肪分は多いと言わざるを得ません。

しかしながらホルモンの筋肉である平滑筋はその性質上、筋肉の中に脂肪が入り込むことはありません。骨格筋に比べ、運動量は大きいわけではないですが、常に運動することを要求されるため、より丈夫で弾力があり、損傷しづらい組成であることが必須となります。

しかしながら、腸に脂肪がついたり、肝臓が脂肪を蓄えすぎてしまうケース(いわゆるフォアグラ)もあることはあります。

ちなみにホルモン(狭義では腸をさすことも)を焼肉で供するときは、そこについている脂肪をそぎ落としますね。

というわけで、比較的ホルモンはカロリーが少ない道理となります。

3. ホルモンから滴るものは何なのか?

とはいえ、ホルモンを焼肉にして食べるときに少し気になるのは、あのジュワッとした旨みとまろやかさ。それと、焼くときに出る、ジュッと滴るものではないでしょうか?

それを目の当たりにすると、「本当に低カロリーなのか?」と疑問が頭をよぎります。「実はホルモンは脂が多いのか?」と疑いを持つのではないでしょうか?

結論から申し上げますが、確かにホルモンにも脂肪分はあります。ないわけではありません。前述したとおりです。

ですが、これも前述しましたが、ホルモンを構成する平滑筋は骨格筋などの横紋筋と比べると脂肪分が少ないです。その少ない脂肪分が、焼肉をすると熱で脂肪が溶け滴り、流出していくわけです。

結果として、脂が表面に浮き出ているのでジューシーな口当たりはあるものの、焼く時点で脂肪分は流出し、その中に含まれる脂肪分はだいぶ減少しているはずです。

その観点においても、ホルモンは脂肪分が少ない、つまりカロリーが比較的少ないと言えますね。

ですので、実は焼肉自体は「肉料理としては」比較的脂肪分を控えた調理法ともいえます。煮込みなどは汁に脂肪分が溶け込んでいます。しかしながら、冒頭で述べましたが、焼肉はついついご飯やビールなどが進むために結果的にカロリーをたくさん摂取する料理かもしれません。

4. ホルモンのカロリーが高い場合

ここまでホルモンの低カロリーについて論じましたが、ここで皆様にご注意いただきたい点がございます。

それは、ホルモンの調理についてです。

ホルモン自体が低カロリーでも、それを実際に口にする時は、甘辛い、旨みたっぷりのタレをつけたり、焼く前に和えたりする調理法がありますね。ホルモン(今の場合においては腸のこと)を甘辛いタレで和えて焼く調理法をご存知の方も多いかと思います。

確かに旨いのですが、当然のことながら、味をつけることでそのカロリーは高くなります。

焼肉でのホルモンは食感を楽しむことができますが、なにかしらの味をつけて食べることが多いために、そのせいで、結果的にカロリーが増えます。

どうしてもカロリーを気になさるのであれば、味付けは塩やレモンなどで召し上がることをおすすめします。

おわりに

結論として、ホルモンそのものはカロリーが、「比較的」少ない食材といえます。

それに、肝臓の調子が悪い時はレバーを食べるとよいなど、医食同源の考え方も中国にはありますので、内蔵つまりホルモンを食するメリットは大きいのです。

美味しく楽しく、しかも健康的に焼肉を楽しむためにホルモンはすばらしい活躍を見せてくれます。

ホルモンの魅力が伝われば幸いです。

低カロリーで美容効果も期待できるシマチョウの5つのこと!?

シマチョウ

「シマチョウ」と言われて何のことかピンとこなくても、「ホルモン」と聞いて「シマチョウ」を思い浮かべる人は少なくないかもしれません。

それくらいシマチョウはホルモンの中でもメジャーな部位ですが、具体的にどんな部位か知っていますか?

シマチョウの部位について、シマチョウの栄養について、シマチョウの食べ方について調べてみました。

1. 「シマチョウ」って何?

シマチョウは“ホルモンの王道”とも言われるほど、ホルモンの中でも人気が高い部位です。

「シマチョウ」の“チョウ”は“腸”で、牛の大腸にあたります。「シマチョウ」の“シマ”は表面が縞模様のように見えることに由来していると言われています。

別名「テッチャン」とも呼ばれていますが、これは韓国語で“大腸”を表す「テジャン」から来ているそうです。

ちなみに小腸は「マルチョウ」、直腸は「テッポウ」と呼ばれます。

腸の部位は肛門に近づくほど厚みと硬さが増します。シマチョウ(大腸)はマルチョウ(小腸)よりも肉厚で噛み応えがあり、より肛門に近い「テッポウ」はかなり肉厚で硬い部位になります。

2. シマチョウは栄養価の高いスタミナ食

シマチョウはホルモンの代表的な部位ですが、「ホルモン」と言えばスタミナ食としてもよく知られています。

シマチョウは色味が白っぽく、程よい脂があるもののどちらかと言えば淡白な味わいですが、神経の調整作用と疲労回復の効果があるとされるビタミンB1や、葉酸と共に赤血球を作る働きがあり貧血予防になるビタミンB12、骨を健康に保つ役割のあるビタミンKなどがシマチョウには豊富に含まれています。

ちなみに、焼肉店ではシマチョウが「ホルモン」というメニューで提供されている場合もありますが、一般的には「ホルモン」は内臓肉全般を指す言葉です。

「ホルモン(内臓肉)」は部位によって含まれる栄養素に違いはあるものの “ミネラルやビタミンの宝庫”と称されるほど、全体的にミネラルやビタミンを豊富に含んでいます。

3. シマチョウは低カロリーな美容食

一般に、内臓系の部位は生肉系の部位よりも低カロリーと言われています。

シマチョウの特徴のひとつはその適度な脂ののりにありますが、それでもカルビやロースなどの生肉と比較すれば100gあたり約160kcalとかなり低カロリーです。

シマチョウには上述の栄養素以外にも、細胞の再生や成長を促して美容に良いとされるビタミンB2やコラーゲンも多く含まれています。

コラーゲンは肌のハリや弾力を保つために効果があることは女性の間でよく知られていますが、他にも関節の動きを滑らかにしたり、骨や血管を健康に保つなど体にとって重要な役割を担う栄養素です。

低カロリーで栄養価が高く美容にも良いと聞けばいくらでもシマチョウを食べたくなってしまいますが、比較的低カロリーとはいえコレステロールが高いので食べ過ぎには注意が必要です。

4. シマチョウの下処理

シマチョウを家で調理する場合には、汚れを落として独特の臭いを消すためにも丁寧な下処理が必要です。

まずは洗いますが、洗い方にもいろいろあります。

・洗濯機で洗う
・焼酎、日本酒、醤油もしくは牛乳に30分ほど浸してから水洗いする
・たっぷり小麦粉をまぶしてゴシゴシと擦り合わせるようにして、汚れや臭みを小麦粉に吸着させてから小麦粉を洗い流すように流水でゴシゴシと洗う
・小麦粉の代わりにおからを使用して洗う

などです。

洗ったら柔らかくなるまで下茹でしますが、シマチョウは厚みがあって硬いため柔らかくするには長い時間を要します。

また、シマチョウを下茹でするときは

・お湯に生姜やネギなどの香味野菜を入れる
・お湯に焼酎や日本酒、ビール、醤油などのどれかを少量入れる
・流水で洗ったものを一度熱湯で茹でこぼし、水洗いしてからさらに熱湯で茹でる

など、臭みを消すための工夫も必要です。

中には少し臭みが残っているくらいが好みだったり、小麦粉を使って洗う方法では脂が落ちすぎてしまうと感じる人もいるようです。どの方法でどの程度下処理するかは好みの脂や臭みの残し具合に合わせてということになるでしょうか。

‘美味しい焼肉店はシマチョウの味を見ればわかる’と言われることがあります。もしかするとこれはシマチョウの下処理の、丁寧に汚れや臭みを落としながらも適度な旨味を残す巧さのことなのかもしれません。

5. シマチョウの食べ方

シマチョウの食べ方として最も一般的なのは焼肉でしょうか。美味しいシマチョウの焼き方があります。

まず、シマチョウの縞模様がある側を下にしてじっくりとよく焼きます。火が通ったら裏返して軽く温める程度に焼くのがコツです。シマチョウは焼いていると丸まってくるので、トングや菜箸で丸まりを押さえて全体に火が通るようにします。

焼き網を使って焼くと落ちた脂の煙で燻されてさらに香ばしく焼きあがりますが、ここで十分にシマチョウの脂を落とせばカロリーダウンにもなります。

焼肉の他にもつ鍋もポピュラーですが、インターネットのサイトではシマチョウの煮物や唐揚げ、炒め物なども紹介されているので参考にすると良いでしょう。

おわりに

シマチョウは低カロリーで栄養価が高く美容効果も期待できるとして、女性の間で人気が高まっているようです。

焼き網の上でモクモクと立ちのぼる煙に燻されながら脂を滴らせるシマチョウはワイルドで、“男性のスタミナ食”というイメージがありました。しかし最近は、シマチョウなどのホルモンが女性の間でも人気で、ホルモン好きの女性を表す「ホルモンヌ」という言葉が登場したほどなのだとか。

少し前には「ひとり焼肉」という言葉が流行っていましたが、“ホルモンヌのひとり焼肉 ”はワイルドとは真逆で、オシャレにさえ思えるから不思議です。

ホルモンとは!みんなに話したくなるホルモンの豆知識!

ホルモンとは

ホルモンとは、独特な見た目と聞きなれない種類ばかりのイメージがありますよね。ホルモン専門店などがあるように、世間では一般的になってきている一方、まだまだ苦手な方も多いと思います。

実は、ホルモンとは低カロリーで栄養価が高い食材なんです。気になってはいるけれど、ホルモンってそもそも何?どうやって食べたらいいの?という方へ、ホルモンをわかりやすくご紹介していきます。これを読んで、みんなでおいしくホルモンをいただきましょう!

1. ホルモンとは

ホルモンとは、牛の内臓全般を総称する名称です。また、焼肉屋などでは一般的に大腸部分をホルモンとしてメニューにしています。ホルモンとは鮮度が重要で、実際にお店で食べるホルモンは新鮮なものなので、味が良く、さらに栄養価も高いのが魅力です。

2. ホルモンの語源

次に、ホルモンとはどういった由来があって、ホルモンと呼ばれるようになったのかをご説明していきます。ホルモンの語源については諸説ありますが、よく知られているものがこちらです

■ドイツ語の「Hormon:ギリシャ語の‘駆り立てる’」が語源
■ホルモンとは本来捨てるものだったから「放るもん:関西弁で捨てるもの」が語源

どちらもこのように言われると正しく思えてくるから不思議です。上記のほかに、関西地区では韓国語の「テチャン:大腸」を語源として「テッチャン」という名称も馴染んでいるようです。

3. ホルモンの焼き方

ホルモンとは、栄養価も高く、独特の食感を楽しめる食材。最大限においしく、良い状態で食べるためのポイントがいくつかあります。

焼肉店などに行くと網いっぱいにホルモンを並べて焼いている方がいらっしゃいますが、ホルモンもカルビなどの定番メニューと同じで、少しずつ焼くのがおすすめです。ホルモンは肉汁が落ちやすいため、あまりひっくりかえさず、片面をじっくり焼いて裏面は少し焼けば、もう食べごろです。表面の皮が縮んで弾力が増してきたのがわかったらすぐに網から上げましょう。

ということで、ホルモンとは下記のようなポイントを守れば上手に焼くことができそうです。

■一度に大量に焼かないようにする
■頻繁にひっくりかえさない
■表面の皮が縮んで、弾力が増してきたら食べる

ぜひ試してみてください。

4. ホルモンの種類

最初にご説明した通り、ホルモンとは内臓全般の総称です。焼肉店などで一般的に扱われている種類を部位ごとにご紹介します。

■ホルモン(テッチャン、シマチョウなど):大腸部分(小腸を含むことも)
ここでのホルモンとは、焼肉店などのメニューとして出されている「ホルモン」についての説明になります。赤身の脂よりあっさりしているので、もたれずに食べられます。自分で焼く場合には、焼き加減で食感や脂を調整することができます。

■ミノ:第一胃
肉厚で歯ごたえがあるのが特徴です。焼く前は、いわゆるホルモンと似ていますが、焼いてみると見た目がまったく違うことがわかります。食感も独特でコリコリとしていておいしいです。

■ハチノス:第二胃
見た目が蜂の巣に似ているためこう呼ばれます。弾力が強く、噛みごたえがあります。また、コラーゲンが豊富に含まれています。

■センマイ:第三胃
第二胃からはいってきたものを選別する臓器です。脂は少な目なので、さっぱりといただけます。見た目は黒っぽく、鉄分が豊富なのがわかります。

■ギアラ(赤センマイ、アボミなど):第四胃
味が濃厚で歯ごたえがあり、とてもおいしい部分です。こちらはしっかりと焼くのがおすすめです。

■ハツ(ココロ、ハートなど):心臓
脂が少なく、コリコリとした食感を楽しめます。焼肉だけではなく、刺身で提供しているお店が多いようです。

■レバー:肝臓
繊維がないため柔らかく、さらに、ビタミンや鉄分などを多く含みます。焼きすぎるとパサパサになってしまうので、お店の人に確認しながらおいしいうちに食べましょう。

■ハラミ、サガリ:横隔膜周辺の筋肉
赤身に見えますが、立派な内臓肉です。柔らかくてジューシーですが意外と低カロリーです。

上記でご説明したのは一般的なもので、これでもごく一部です。実際に専門店などに行けば、まだまだ珍しいメニューが並んでいることもあります。

5. ホルモンはダイエットや美容にもおすすめ

ホルモンとは、栄養価が高いだけではなく赤身肉に比べて低カロリーなので、ダイエット中の方にもおすすめです。もちろん、ホルモンだけを食べれば痩せるというわけではありませんので、脂肪燃焼効果のあるカプサイシンを含むキムチや、食物繊維が豊富なナムルなど、食べ合わせも意識して効率よく摂取してくださいね。

美容にも効果的とされるホルモン。コラーゲンや鉄分、亜鉛が豊富なことでも評判です。さらに、ホルモンとは細胞の再生や成長を促すビタミンB2や、疲労回復効果のあるB1など、女性に嬉しい成分がぎっしり詰まっている魅力あふれる食材だったんです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。もともとホルモンがお好きだったという方も、実は食べず嫌いだったなんて方にも、ホルモンの魅力をおわかりいただけたのではないでしょうか。

ホルモンとは、様々な部位があり、よりジューシーにいただける部分と、あっさりといただける部分などバラエティあふれる食材です。ぜひ、お気に入りの部位を見つけて、さらに、その部位に関する豆知識を周りの方々へ披露してあげてください。

ホルモンは盲腸を切った時の回復のために食べればいい?

ホルモン

肉食系女子の友人が「盲腸の手術をしたから、精を出すためにホルモン屋さんへ一緒に行ってくれないかな?」と誘ってきました。もちろん私もお肉大好き! 断るハズがありません。しかし、なぜホルモン屋さんと指定してきたのでしょう? そこには彼女なりの深い理由があったのです。

1. 「同物同治」という薬膳の考え方

数週間前に腹腔鏡で盲腸の手術をした友達が、今目の前でパクパクとホルモンを食べています。元気になって良かったと安堵する反面、爆食して大丈夫かなと心配にもなりました。で、恐る恐る聞いてみたのです。すると彼女から明快な答えが!

「同物同治っていう言葉を知ってる? 私入院中に知った言葉なんだけど、薬膳の世界では、こういう治し方があるんだって。身体に悪い部分がある時は、その箇所と同じものを食べるらしいの。例えば、肝臓が悪ければ牛や豚、鶏などの肝臓(レバー)を、心臓が悪ければ心臓(ハツ)を、胃が悪ければ胃(ミノ)を、腎臓が悪ければ腎臓(マメ)を、目が疲れていれば魚の眼肉を、といった具合。

同じもので補うということね」。だから今ホルモン料理なのですね。私はすっかり納得してしまいました。と、わかれば私の分までどんどんホルモンを食べてください! そして元気になってね。

2. 薬膳の世界を調べてみました

薬膳に興味を持った私は、帰宅後に調べてみました。薬膳は、中学医論を基にしています。漢方や生薬を用いることで自然治癒力を高めて治療するのが特徴です。似た言葉に医食同源(いしょくどうげん)があります。

これは、日ごろからバランスのよい食事を摂ることで病気を予防しようという考え方ですが、同物同治(どうぶつどうち)は身体のわるいところを治すには同じところを食べた方がいいという考え方です。薬膳は、疾患の予防や治療・回復を目的としているので、自然と健康増進や滋養強壮へ促してくれるのでしょう。素晴らしい考え方だと感激しました。

ただ、残念ながら医学的な根拠はないようです。医学に無頓着な私でも、髪の毛を食べたら髪の毛が生えてくるとは思いませんし、爪を食べたら爪が伸びるとも思いません。ある程度の傾向がある、弱った所を補うことができるかも、と前向きに理解すればいいのですね、きっと。

ところであなたは、家でハツやミノなどを調理しますか? 普段食べなれない部位は、細菌や有害物質が残っている場合があります。お店で食べる時は店主さんが精いっぱい処理をして出してくれますが、家では難しいかもしれません。そんな時は、この2つを頭に入れておいて下さい。よく水洗いすることとよく火を通すこと。スーパーで購入した部位も、流水で十分洗い、鍋料理にしてグツグツ加熱すれば、美味しく食べられます。ぜひ挑戦してみてください!