ネギ&チャーシューは味だけじゃなく栄養的にも最強コンビ!

ネギ チャーシュー

ネギとチャーシュー。

言葉の並びを見ただけでもう美味しい!

ネギもチャーシューもラーメンのトッピングとしてもそれぞれに人気を競いあっていますが、ネギとチャーシューは相性抜群。最強のコンビです。

ネギとチャーシューが最強コンビって、味のことだけではないのです。

ネギとチャーシューは栄養的にも相性がよく、糖質や乳酸の燃焼効果があるのだとか。

とっても気になるネギ&チャーシューなのです。

1. ネギの「硫化アリル」という成分

ネギには薬効成分が豊富で、ネギの白根を乾燥したものは「葱白(そうはく)」と呼ばれる生薬になります。

ネギはうどんやそばの薬味として使用されることも多いですが、関西地方では昔、風邪をひいたら熱々のうどんを食べて寝る習慣があったそうで、薬味に使われる刻みネギにおろし生姜を加えてネギ湯にしたものなどが「うどん屋の風邪薬」などと呼ばれ、うどん屋さんで売られていたそうです。

ネギを使った風邪の民間療法としては、ネギを丸ごと焼いて布にくるんだものを喉に巻く方法も知られています。

ネギ湯を飲むのはともかく、ネギを喉に巻いて何の効果があるの?と思いませんか?

これがあるんです。

ネギの特徴といえば何といっても独特の豊かな香りと辛味でしょう。これはネギに含まれる硫化アリルという殺菌効果のある揮発性の栄養成分で、鼻や喉などの粘膜についた病原菌をやっつけてくれる作用があります。

ネギを焼くと硫化アリルが出やすくなり、体温で温められることでネギから少しずつ長い時間硫化アリルが揮発し続け、鼻や喉を殺菌してくれるというわけです。

この硫化アリルのおかげでネギの生産者は風邪をひきにくいのだとか。

硫化アリルには他にも、活性酸素除去、免疫力アップ、血行促進、脂肪燃焼、デトックス、睡眠、食欲増進に効果があるといわれています。

2. チャーシューの「ビタミンB1」という成分

豚肉にはビタミンB1が多く含まれていることはよく知られていますが、豚肉で作るチャーシューにもビタミンB1が豊富です。

ビタミンB1には主に3つの働きがあります。

・炭水化物の糖質をエネルギーに変換する

チャーシューに含まれるビタミンB1は炭水化物の糖質をエネルギーに変えるのに欠かせない栄養素です。

不足すると糖質がエネルギーに変換されにくくなるために体脂肪の蓄積を招いたり、エネルギーが不足して疲れやすくなったりします。また、糖質は脳のエネルギーにもなるために、不足すると神経が正常に働かなくなって、イライラしたり精神的に不安定になったりします。

・乳酸を燃焼する

運動をすると疲労物質である乳酸が作られ、乳酸の蓄積が疲労の原因になります。チャーシューに含まれるビタミンB1は乳酸を燃焼して疲労回復を促します。

・神経機能を正常に保つ

チャーシューに含まれるビタミンB1は中枢神経や末梢神経といった神経機能や脳の働きを正常に保つ働きもします。

3. ネギ&チャーシューは硫化アリル&ビタミンB1の最強コンビ

チャーシューに多く含まれるビタミンB1はとても重要な栄養素ですが、食事でたくさん食べても体内に吸収されにくいといわれています。

と、ここで、チャーシューの相方ネギの登場です。

ネギに含まれる硫化アリルがチャーシューに含まれるビタミンB1の吸収や働きを促してくれるのです。

ネギの硫化アリルとチャーシューのビタミンB1が結合するとチアミンという物質が作られますが、チアミンは血液の中に長く滞在するためにビタミンB1の効果が持続するといわれています。

ネギもチャーシューもそれぞれに私たちの健康にとって大切な栄養を豊富に含んでいますが、ネギとチャーシューがコンビを組むことでさらにその効果がアップするということです。

4. ネギチャーシュー

「ネギチャーシュー」というメニューがあるのをご存知ですか?

ネギとチャーシューを切って和えただけのものですが、お酒のおつまみとしてもご飯のお供としても人気があるようです。

自宅でも簡単にできます。

基本はネギを斜め薄切りか白髪ねぎにしたものと市販のチャーシューを好みの大きさに切ったものを調味料で和えるだけです。

味付けは、酢、醤油、ラー油、白煎りゴマなどが一般的ですが、インターネットのレシピサイトにはコチュジャンや豆板醤を加えてピリ辛にしたり、砂糖を加えて甘辛にしたり、味噌、ニンニク、ゴマ油、ザーサイ、カイワレ大根を加えたりなど、様々なバリエーションが紹介されています。

好みの味付けを探して作ってみたら簡単定番おかずのひとつになるかもしれません。

ネギチャーシューのネギは水にさらすのが一般的なようですが、水にさらすとせっかくの栄養成分が流れてしまいます。ネギを切った後は水ではなく空気にさらすのがよいようです。

5. 超簡単なチャーシューの作り方

市販のチャーシューは香辛料が効いているものや、甘い味付けのもの、ハムにタレが絡めてあるようなものなどいろいろです。

いわゆる昔ながらのラーメン屋さんのチャーシューが好きなのですが、市販のチャーシューでラーメン屋さんのチャーシューの味に出会ったことがありません。ならば自宅で作ろうとチャーシューのレシピを探してみても、どれも面倒そうで…と諦めていたら、ものすごく簡単なチャーシューのレシピを見つけました。

【チャーシューの作り方:キッコーマンのサイトより】

豚バラ肉 カタマリ 400g
キッコーマン特選丸大豆しょうゆ 大さじ4

①深なべに豚肉を入れ、たっぷりの水を注いで火にかけ、煮たったら蓋を少しずらしてのせ40分から1時間弱火で茹でる(途中水が足りなくなったら足す)

②豚肉の汁気を拭いて、醤油とともにビニール袋に入れて30分から1時間つける

これなら気楽にできそうです。

この作り方を基本に豚肉を煮るときに香味野菜を加えてみるとか、チャーシューの味付けをカスタマイズしても面白いかもしれません。

ラーメン屋さんのチャーシューに近付けるかは別として、少なくとも好みの味にはできそうです。

おわりに

ネギとチャーシューのコンビが最強なのは味だけではありませんでした。

それぞれに高い栄養効果があるネギとチャーシューは、同時に食べることでさらに栄養効果が高くなり、疲労回復や新陳代謝が促進されるということ。

今日からネギなしのチャーシューは考えられなくなりそうです。

美味しいイベリコ豚の知識いろいろ!今すぐ食べたくなる!?

イベリコ豚

イベリコ豚ときいて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ふつうの豚肉よりちょっと高級そう、お洒落なバルやスペイン料理屋さんにあるイメージ、など様々なイメージがあるかと思いますが、具体的にどのようなお肉のことを指すのかわかる方は意外と少ないと思います。

そこで今回は、イベリコ豚とはどのようなお肉で、どのような食べ方があるのかをご紹介していきます。

1. イベリコ豚とは?

イベリコ豚の原種はイベリアという種類の黒豚であるといわれており、イベリア種100%純血の豚、またはイベリア種とデュロック種を交配させた豚(イベリア種50%以上)のうち、スペイン政府が認証したもののことをさすとされています。起源は地中海地方にあり、主にイベリア半島の中央部から南部、スペイン西部からポルトガル東部にかけて数多く見られます。

もともとは、5000年以上も前からスペインにいた野生の豚で、猪に近く真っ黒の体と踵が特徴の豚です。このことから、スペイン語では「黒い脚(pata negra)」とよばれることもあります。

2. イベリコ豚の飼育方法

イベリコ豚の飼育は大きく3段階に分けられます。

第1段階は、哺乳期間といわれる生後2か月までのミルクで育てられる期間です。

第2段階は、予備飼育といわれる離乳から体重80kg~110kg位になるまでの期間です。樫やコルク樫の森で、天然穀物飼料、牧草、種子、草の根などを余分に与えすぎないようコントロールしながら運動をさせて太らせず、骨を強化します。

第3段階は、肥育期間またはモンタネーラと呼ばれる放牧期間です。一般的に10月~2月くらいまで続きどんぐりや牧草、球根食物などを食べて十分に運動させます。1日平均8kgのどんぐりをたべて栄養をどんどん貯えさせます。モンタネーラを終え、放牧前と比べ体重が50%以上増えたものが後に説明するベジョータ、そうでないものがレセボになります。

3. イベリコ豚の種類

イベリコ豚は与えられた飼料、血統、飼育方法、増加体重などから3つにランク付けされます。グレードの高い順から、ベジョート、レセボ、セボに分けられます。

①ベジョータとは

イベリコ豚の中で一番グレードが高く、肉質・脂肪が最もよく、世界的に有名な「どんぐりを食べて育ったイベリコ豚」は、ベジョータのことをさします。餌となる樫の木の実がなる時期の関係で、7~8月ごろに生まれた豚のうち、モンタネーラを経て約160kg以上に育ったもののことです。

②レセボとは

肉質の決め手となるどんぐりや牧草、木の根などを食べているため、ベジョータに次ぐ品質といわれます。モンタネーラ期間中に既定の体重まで達しなかったため、その後、穀物飼料を与えられて育ったものをさします。

③セボとは

血統的にはイベリコ豚の品種ですが、どんぐりなどの独特の飼養方法を行わず出荷重量になるまで穀物飼料を与えて育てられたイベリコ豚です。

4. イベリコ豚の肉質とおいしい効果

イベリコ豚は、モンタネーラ期間に自由に動き回り、オレイン酸を豊富に含むドングリや草の根を食べるという独特の飼育方法から、ほかの豚にはない様々な成分を含んでいます。

たとえば、オレイン酸やビタミンB群、ビタミンE、抗酸化物質などが豊富に含まれています。中でもオレイン酸は、動脈硬化や高血圧の要望に効果があるとして注目を集めている体に良い脂です。スペインのイベリコ豚を昔から食べている地域の人に心臓疾患が起こる人が少ないのはこのイベリコ豚のおかげかもしれません。

また、広い牧草地を歩き回りながらどんぐりを探しているのでマイ西適度な運動量があり、筋繊維の中に細かい脂肪が入り込むことで霜降り状の上質な豚肉になります。一般的な豚肉は脂肪の溶ける温度が36度前後であるのに対し、イベリコ豚は20度前後で溶け始めます。これが肉質がさらりとしていながらも甘みのある脂身をもった肉質につながっています。

5. すべて味わい尽くしたい!イベリコ豚の部位

一口にイベリコ豚といっても、いろいろな部位があり、部位によって味わいも様々です。今回は特徴的な部位をいくつかみていきます。

①大トロカルビ(スペイン語:セクレト)

1頭から600g程度しかとれない希少部位です。あまりの美味しさに、スペインの職人が内緒で家に持ち帰って食べていたというエピソードからスペイン語で秘密(セクレト)と名付けられるほど、非常に美味しい部位といわれています。肉本来のもつ旨みを味わうために炭火の網焼きで岩塩などをつけて食べるのが一番おすすめの食べ方です。

②ロース(スペイン語:ロモ)

イベリコ豚の中でも最上級部位です。脂身がなくあっさりした風味です。スペインでは、ロースを丸ごと熟成させるロモ・イベリコという生ハムがありますが、精肉ではステーキやしゃぶしゃぶとして使用してもとてもおいしく食べられます。

③スペアリブ(スペイン語:コスティーヤ)

骨付きのバラ肉です。日本の豚とは違いお肉が少ないことに特徴があります。ジューシーな味わいで骨の部分に濃厚なうまみが凝縮されているので、それがお肉に浸透することでほかの部位とはまた別の美味しさを楽しむことができます。日本でもよく食べられる漬け込んで焼いて食べる調理法で、ガツンとした旨みを味わうことができます。

④トントロ(スペイン語:ファルソ・セクレト)

イベリコ豚は綺麗にサシの入った霜降りを特徴としていますが、中でもトントロは見事にちりばめられた霜降りが最大の特徴です。コリコリとした食感と、かみしめるごとに溢れ出る肉汁は一度食べたら病みつきになること間違いなし!イベリコ豚の首の部位にあたりますが、1頭から約200gしかとれない希少部位です。

おわりに

いかがでしたか?今回はイベリコ豚の特徴や部位などについてご紹介しました。いイベリコ豚とはどんなものかを知ったうえで味わえば、より一層おいしく頂けますよね。

イベリコ豚にもたくさんの部位がありますが、いろいろ食べ比べをして自分にとってベストなイベリコ豚を探すのも楽しいですね。日本の豚とはまた違った魅力を持つイベリコ豚をお店でも家でももっと食べてみましょう!

三元豚はブランドじゃない?そもそも三元豚て何?

三元豚

レストランや定食屋さん、お惣菜屋さんでも「三元豚を使用しております。」なんて言われると、何か特別な豚肉が提供されているように感じませんか?

思わず、「やっぱり三元豚は美味しいねぇ〜。」なんてコメントを漏らしてしまいます。

これ、場合によってはちょっと恥ずかしいコメントかもしれません。

1. 「三元豚」はブランドじゃない?

「三元豚」というのは、食用に品種改良された3種類の純粋種を掛け合わせて生産された交配品種です。

日本ではもともと、異なる純粋種を掛け合わせて生まれた雑種の子どもにさらに別の純粋種を掛け合わせる三元交配が行われてきました。国内で生産される肉豚のほとんどがこの三元交配豚で、この三元交配豚を肉豚としたものが三元豚です。

つまり、三元豚という呼び名は耳に新しいものの、私たちがこれまでずっと日常に食している豚肉のほとんどが三元豚で、三元豚はブランド豚などではない、いたって普通の豚肉ということになります。

2. 食用に品種改良された純粋種なのに、わざわざ三元豚にするのはなぜ?

三元豚と言われると何か特別な豚のように思えますが、言ってみれば、雑種と純粋種から生まれた雑種です。雑種より純粋種のほうがなんとなく優れていそうなイメージがあるのですが、なぜ食用に品種改良されている純粋種をわざわざ雑種にする必要があるのでしょうか?

これには大きくふたつの理由があります。

ひとつは、雑種強勢効果を得るためです。雑種強勢というのは、異なる種類の品種または系統を掛け合わせたときに、両親のどちらよりも優れた子どもが生まれることを言います。より質の高い純粋種同士を掛け合わせれば、さらに質の高い豚肉を生産することができます。

ふたつめは、純粋種を連続的に交配した場合に生じる質のばらつきを避けるためです。親近交配でなくても、純粋種だけを交配し続けていると、交配を重ねる間に肉質にばらつきが出てしまいます。そのためわざと異なる品種同士を掛け合わせて三元豚にしているのです。

養豚では国内外問わず、三元交配するのが一般的といわれています。

3. 三元豚の生産のために交配されるのはどんな純粋種?

養豚における三元交配では、まずランドレース種のメスと大ヨークシャー種のメスを掛け合わせ、生まれたメスにデュロック種のオスを掛け合わせるのが主流です。この掛け合わせから生産された三元豚は、それぞれの純粋種の頭文字を合わせてLWDとも呼ばれます。

このLWDの掛け合わせが主流なのには理由があります。

ランドレース種(L)はデンマーク原産の白い大型種で、繁殖力に優れ発育が早いのが特徴です。

大ヨークシャー種(W)はイギリス原産の白い大型種で、ランドレース種同様発育が早く繁殖力に優れています。

デュロック種(D)はアメリカ原産の赤褐色の大型種で、発育が早く他の品種に比べて飼料の量が少なくて済むという経済性の高い品種です。肉質がよく霜降りになりやすいという特徴があります。

この3種が掛け合わされた三元豚(LWD)はそれぞれの特徴を合わせ持つ豚肉となるのですが、この3種の掛け合わせについては肉質もですが、どちらかというとその高い生産性、経済効率が好まれているようです。

4. LWD以外の交配品種は?

LWDの3種の他にも、それぞれに異なる特徴がある、中ヨークシャー種、ハンプシャー種、バークシャー種などといった欧米原産の豚が交配に使用されます。

中ヨークシャー種はイギリス原産の白色の小型種です。発育、繁殖力ともに劣るこの種は経済効率が悪いために生産が減少し、原産国であるイギリスでも原種がゼロになってしまったと言われる世界的にも大変希少な品種です。脂肪のうまみと香りが良く濃厚な味わいの柔らかな肉質です。

ハンプシャー種はアメリカ原産で黒色ですが、両前足と肩にかけて帯状の白斑があります。皮下脂肪が薄く赤身質で肉量が多く、高価な部位が多く取れるという特徴がありますが、加熱により崩れやすいため日本ではあまり人気がないそうです。

バークシャー種はイギリス原産の黒い豚で、六つの白斑があることから「六白斑」とも呼ばれます。日本では「黒豚」や「イベリコ豚」としてよく知られているのがこの種です。柔らかくて食味がよく、肉質が特に秀でています。

5. ブランド豚も普通の豚肉も三元豚。では、その違いは?

バークシャー種は純粋種が「黒豚」というブランド豚として生産されていますが、日本で生産されている300〜400ものブランド豚の多くは三元豚です。

普通の豚肉もブランド豚も三元豚。では、普通の豚肉とブランド豚の違いはどこにあるのでしょう?

三元豚のブランド豚はLWDの三元豚とそうでない三元豚のふたつに分けられます。

LWDでない三元豚がブランド豚になるというのは容易に理解できるでしょう。中ヨークシャー種やバークシャー種が交配に加えられていれば、当然のことながらその肉質は良くなります。

では、LWDの三元豚がブランド豚になるというのはどういうことなのでしょうか?

飼料や飼育環境などにこだわりをもって飼育された豚がブランド豚として認知されています。清潔でストレスフリーな環境や肉質をより良くするための飼料の内容など、生産者がそれぞれにこだわりをもって“おいしさ”を追求しているのがブランド豚です。

ブランドによっては飼料や飼育環境へのこだわりだけでなく、出荷の際の肉の状態などにも独自の基準を設けている場合があります。出荷時の豚の健康状態や大きさ、枝肉重量、背脂肪厚といった基準が設けられ、この基準に合格しなければそのブランド豚とは認定されません。

おわりに

私たちが日頃食べているほとんどの豚肉が三元豚です。三元豚にはブランド名のついたものとそうでないものとがありますが、どちらにも三元交配という工夫と手間がかけられています。

ブランド豚はもちろん格別に美味しいのですが、ブランド豚でないいわゆる普通の豚肉もとても美味しく食べています。三元豚はブランド名があろうとなかろうと、“美味しいね”と言って恥ずかしいことはないでしょう。

日本は豚肉をよく食べる国かしら?

豚肉
宗教上の理由によって豚肉を口にしない人々がいます。一方で豚肉が大好きな人々も大勢います。そこで肉食系女子の私は、考えました。日本は豚肉を良く食べる国? それとも少ない国? イメージでは、豚の生姜焼きやとんかつ、豚のしゃぶしゃぶなど美味しい料理がいっぱいあります。消費量が多い国なのでは?

1. 日本は豚肉の消費量が少ない国だった

USDA(米国農務省)の出典資料によると、2013年に豚肉消費量の最も多かったのは中国・EU諸国・米国で、総量8300万トン、全世界合計消費量の78%を占めるそうです。4位がロシア、5位がブラジル、6位がやっと日本になります。といってもEU(欧州連合)諸国とはオーストリア・ベルギー・チェコ・デンマーク・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・英国など28カ国が加盟していますから、日本は下位の方に属するといっていいでしょう。

さらに日本人が消費する豚肉の49%は輸入でまかなわれているというのです。2013年の輸入量は958000トンとのこと。もう数字が大き過ぎて、意味がわからなくなってきました・・・とほほ。

2. 日本はどんな国から豚肉を輸入しているの?

私が食べている豚肉は国産かしら? 外国産の豚かしら? だんだん興味がわいてきました。日本の豚肉輸入元は1位がアメリカ、2位がカナダ、3位がデンマーク、4位がメキシコ、5位がチリとなっています。1位と2位は納得ですが、3位がデンマークとは意外でした。

デンマークの首都はコペンハーゲンで、アンデルセンの人魚像があるくらいの知識しかなかった私。調べてみると、デンマークは、高品質な農産物の輸出国として長い伝統をもつ農業国だったのです。デンマークで生産される豚肉の80%が輸出に向けられたもので、日本も重要な市場の一国らしいのです。日本へは豚肉が冷凍で届き、加工用になる事が多いようです。きっと私もデンマークの豚肉と知らずに食べていたことでしょう。

ところで、あなたは豚肉とどのように調理して食べますか? アメリカではスペアリブが有名ですね。ドイツではアイスバイン、フランスではリエット、中国では酢豚やホイコーロー。どこかの国では豚の丸焼きを祝料理として振る舞うのだとか。日本人の私は、やっぱりとんかつで決まりです!

ストレスを感じたら『豚肉』を食べよう!

豚肉
勉強、仕事、人間関係・・・身のまわりはストレスだらけです。おまけに疲労、肩コリ、腰痛・・・・あぁどこかにストレスや重い身体を改善してくれる食べ物はないかしら? そんな時は「豚肉」なんですって! というのも、豚肉の栄養素である「ビタミンB1」は別名、疲労回復のビタミン(学術名・チアミン)と呼ばれるほどで、現代人の強い味方になってくれるようです。豚肉万歳!

1. 豚肉とストレスの深~い関係

豚肉の魅力を説く前に、なぜ人間は疲労するのかを調べました。ご飯やパンなどの炭水化物はブドウ糖に分解され、肝臓へ運ばれます。そこでぶどう糖はビタミンB1の働きによってエネルギーとなり消費されていきます。ところが、そのビタミンB1が不足すると、ぶどう糖はエネルギーに変わらず、乳酸(疲労物質)となり、血液を酸性に変えて、疲れの原因にしてしまうのです。

そこで豚肉の登場! 豚肉はビタミンB1が豊富で、牛肉の10倍といわれるほどです。私達は普段よりストレスを多く感じると、体内でビタミンB1がより多く使われるのだそうで、だから疲れた時は豚肉が必要だというのですね。また、ストレスが溜まってくると、身体が抗ストレスホルモンという物質を分泌するのだとか。このホルモンを出すためにはビタミンB群が必要らしいです。ビタミンB群には神経機能を正常に保ち、イライラや疲労感を軽くする働きがあるとか。豚はビタミンB1だけでなくビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEなどが豊富に含まれています。やはり豚は最高ですね!

2. 豚肉を食べる時の注意点

だからと言って、何事も過ぎるのはよくありません。豚肉を食べ過ぎると疲れの元であるピルビン酸が増え、体内の水素と結びついて乳酸が溜まってしまうのだそうです。これでは意味がない・・・。しかし1つだけ方法があります。豚肉と一緒にクエン酸摂ると、ビルピン酸がクエン酸に変わり、疲労物質を身体から出してくれるのだとか。クエン酸を含む食材を考えると、レモンやオレンジなどの柑橘類、パイナップルや梅、お酢などが頭に浮かびます。なるほど、とんかつにレモン汁をかけたり、豚しゃぶをぽん酢で食べたりするのは理にかなった食事だったのですね。大発見です。

また、せっかく栄養価の高い豚肉を食べても、身体に吸収されなければ食べた甲斐がないというもの。栄養や酸素は筋肉を通り身体中に運ばれます。しかし、その筋肉が固いと身体が疲労回復モードに切り替わらないので、せっかく食べても疲れが取れにくいのだとか。ということは、豚肉を食べた後は、お風呂にゆっくり浸かったり、軽いストレッチを行ったり、マッサージを受けたりして、筋肉をほぐした方がいいということです。

イベリコ豚と日本のブランド豚の違いは?②

イベリコ豚
イベリコ豚は美味しいけれど、日本の豚だって負けてはいません!ブランド豚(銘柄豚)で有名なのは、鹿児島産の黒豚(バークシャー)ですが、岩手産のプラチナポーク、東京産の「TOKYO X」、沖縄県産の「アグー豚」も話題の豚です。そこで、問題。日本には幾つくらいランド豚があるでしょうか? 答えは300~400ほど。では、なぜそんなに多いのでしょう・・・不思議ですね。

1. 日本にブランド豚が多いワケ

ブランド豚(銘柄豚)は、品種や飼料、飼育方法や環境などを工夫することで、美味しい味だと話題になっています。しかし銘柄豚を名乗るための公的な認定制度はありません。

ですから、情熱をかけて取り組んでいる生産者さんもいますし、ブランドを利用しているだけの生産者さんもいるようです。私達は、銘柄の権威だけに頼らず、目と舌で「良質か、美味しいか」を判別することが大切ですね。また品質がいつも揃っているか、一定量の出荷ができているか等もチェックすると、生産者を知る手掛かりになるようです。

2. 日本のブランド豚も美味しい!

ブランド豚は美味しい! その味の醍醐味を自分流に紹介します。

鹿児島産の黒豚・・・肉は艶のあるピンク色。筋繊維が細かく弾ずむ肉質が魅力。脂肪は臭みがなく融点が高いので口の中でまるやかに溶けて甘みが広がります。

岩手産のプラチナポーク・・・奥羽山脈の湧水を飲料とし、ミネラルたっぷりの活性水を飲んで育ったため、柔らかな肉質でまろやかな味。脂身が厚く旨みが深い。白金豚ともいう。

東京産のTOKYO X・・・肉質がきめ細かいバークシャー種と中国の北京黒豚、霜降りが特徴のデュロック種を5世代にわたってかけあわせて固定化した新豚。口の中でとろける柔らかな脂肪の舌触りが特徴です。

沖縄産のアグー豚・・・約600年前に中国から沖縄に入り、飼い続けられてきた島豚。今はアグーの雄と西洋豚の交配しています。身体が小さく多産ではないため、貴重な豚とか。肉は柔らかく臭みが少ない。赤身にも脂肪がついているので旨みも倍増。

他にも山梨産のワイン豚や埼玉産のスーパーゴーレデンポーク、神奈川産の高座豚などいろいろあります。お好のみの味を求めて、食べ比べてみるのもいいですね!

3. 三元豚ってブランド豚のことなの?

ところで、三元豚・四元豚という言葉を聞いたことがあります。これはブランド豚のことでしょうか? 調べたところ、交配の豚の種類をさした言葉でした。豚はランドレース種、大ヨークシャー種、バークシャー種、デュロック種などの種類があり、生産者が独自の掛け合わせを考えて美味しさを追求しているようです。平牧三元豚や庄内三元豚などは有名ですね。

豚肉といっても、知らないことばかりでした。調べることは食べることと同じくらい楽しかったです。私は肉食系女子ですから、いつか最高級のイベリコ豚を食べてみせます・・・まぁ、当分の間は財布と相談ですけれど。

イベリコ豚と日本のブランド豚の違いは?①

イベリコ豚
一度は食べてみたい最高級のイベリコ豚。ここ数年、レストランやファミレスのメニューにも出てきますが、さすがに最高級クラスはなかなかお目にかかれません。実は肉食系医女子を名乗る私も食べたことがないのです。本物のイベリコ豚とはどのような味なのでしょう。私が関心を寄せる理由をお聞きください。

1. 柔らかな肉質、甘い白身(脂身)、豊かな風味!

まずは基本的な知識から。イベリコ豚は、イベリア種100%純血かイベリア種とデュロック種を交配した豚(イベリア種50%以上)で、スペイン政府が認証したものを指すそうです。イベリコ豚は生後50~60日まで母豚の母乳を飲み、その後は健康的な身体を作るために広大な牧草地で放し飼いされます。主にどんぐりや牧草を食べて育ちますがその時期の食べ物は最小限。

体重が90~100kgなると、モンタネーラという期間に入ります。これは放牧肥育期間だそうで、どんぐりやハーブなどをたくさん食べて一気に体重を増加させます。イベリコ豚は自然に近い環境で育つためストレスが少なく、十分な運動と自然の恵み(どんぐり)を沢山たべるので、柔らかな肉質になるそうです。

このモンタネーラ期間中、人工的なエサを与えず、どんぐりを食べて丸々と太った豚は全体のわずか10%ほど。これが最高級のイベリコ豚で「ベジョータ」と呼ばれます。モンタネーラは行いますがどんぐり以外の飼料を与えられて育ったイベリコ豚を「レセボ」、モンタネーラは行われず穀物や豆類などの飼料で育ったイベリコ豚を「セボ」と呼びます。そのため肉質や風味に大きな差が生まれるのですね。でも、どれもイベリコ豚と呼びます。

2. 最高級のイベリコ豚は どんな味?

ここからは、資料を読んだ味について書きます。私は食べたことがないので・・・真実がどうかわりませんが。最高級(ベジョータ)のイベリコ豚は、赤身が柔らかく濃厚な甘みがあるそうです。白身(脂身)はとさらっとした口あたりらしい。そして白身からナッツのような芳醇な香りがするとか。香ばしいということかな? きっとどんぐりをお腹いっぱい食べて育ったからですよね。

そしてその白身はオレイン酸を豊富に含んでいるので、身体に吸収されにくく太らない脂といわれているそうです。オレイン酸はお肌や髪の保湿効果もあるっていわれていますよね。つまりイベリコ豚は、味良し、成分良しの豚といえます。しかし値段は高し・・・。高級百貨店の食品売り場で購入することができますが、ネット通販でも手にいれられます。その際は、イベリコ豚のランクをよく見てから決めてくださいね。

ちなみに、イベリコ豚を家で調理する時は、油をひかず肉から溶けだす良質な白身で調理するのが1番美味しいのだそうです。肉を買う事ができなくても、ハムになっていたり、チョリソーになっていたり、ベーコンになっていたりするイベリコ豚の加工品もありますよ。私どれでもいいから、あwww食べたい、イベリコ豚!