骨まで愛して!スペアリブなら丸ごと食べよう

スペアリブ

BBQでは欠かせないのが、スペアリブ。屋外で食べる料理の中でも、骨つき肉は自然の中でワイルドに食べるのが、また楽しいものです。

1. とんこつ、好きなら絶対に試そう、スペアリブ丸ごと大作戦

ところで、スペアリブといえば、豚バラ肉。ですから骨がついていて脂があって、実際には食べられる部分が少しだけ…というのが定石ですね。お肉やさんで買ってくる時は、肉の重みを感じますが、実際には骨ばかりだった、というのもスペアリブの特徴。

確かに、炭火をじわじわ起こして、じっくり焼き上げ、脂を落としたところに火がついて、香ばしさが肉に染み込んで…というのも最高でしょう。味付けは塩胡椒だけでも絶品。ですが、せっかくの骨も活かしてみませんか?

2. 宮崎あおいの「篤姫」は、黒豚を食べて、頑張った!

NHKの大河ドラマ「篤姫」といえば、主演の宮崎あおいさんが艶やかな大奥に、単身鹿児島から乗り込んできて、大活躍するストーリー。幕末の日本を支えた西郷隆盛もそうですが、実は皆、戦国時代から豚を食べていたのです。

驚くべきことは、なんと骨まで食べてしまう鹿児島名産の豚骨料理。これって、今はやりの「黒豚」だから、骨まで食べられるの?と思う方も多いでしょう。実は、鹿児島には肌の黒い豚だけがいるのではないのです。

かごしま黒豚というブランド名はありますが、実は牛のように品種が統一されているのではありません。ただ「サツマ」「ニューサツマ」「サツマ2001」といったサツマ系統の黒豚が作られてきました。

大きな特徴は、みんな「サツマイモ」を食べさせている、ということなんですね!サツマイモを食べることで、筋になった繊維がより細くなり、旨味成分が、他県の品種よりもずっと多く、美味しいのです。

3. 圧力鍋を使って、骨までしっかり煮てしまおう

鹿児島名物の「豚骨」。これは薩摩の角煮、といったところでしょう。角煮を作る際、市販のたれを使ってもよいのですが、薩摩の場合は八丁味噌、そして薩摩焼酎があると最高です。

作り方は様々ですが、やはり、最初に油を熱した鍋でスペアリブを炒めて、焦げ目をつける程度にしてからさっと50cc程度の薩摩焼酎をかけ、一気に強火で炒めます。

そのあとは、圧力鍋に水を入れ、アクが出るまで煮込んで、アク取りしたあとに、お好みの人参や大根、生姜などと八丁味噌(白味噌と赤味噌でもいい)、黒砂糖などでコトコト煮ていけば出来上がりです。

色合いも非常にツヤが出て、味噌の合わせ加減で味はお好みにできますので、ぜひ季節を問わずご賞味下さい。

スペアリブ – 魅力も味も詰まったジューシーな食材 –

スペアリブ

スペアリブと聞いてどんなものをイメージしますか?
バーベキューなどの屋外イベントにはわりと登場する、
存在感のあるお肉料理だと感じられる方も多いのではないでしょうか。

そんなスペアリブですが、実は家でも簡単に調理できますし、
健康にもいい一面をもっていたりします。
”名前は知っているけど実態をよく知らない”方にもぜひ知っていただきたい!スペアリブについて、ご紹介していきます。

1. そもそもスペアリブって何?

本来は牛や豚、羊などの骨付バラ肉のことを言いますが、
一般的には特に豚肉の骨付バラ肉、またはそれを調理したもののことを言います。
ちなみに沖縄の名物料理「ソーキそば」のソーキは沖縄の方言でスペアリブ
のことです。沖縄料理にも重要な食材であると言えます。

2. コラーゲンがたっぷり!

スペアリブの脂身にはコラーゲンがたっぷり含まれています。
コラーゲンは言わずもがな、美容には欠かせない存在で、特にその美肌効果には近年も注目が高まっています。

3. え、まさかダイエットにも?

スペアリブとダイエットが結びつくなんて思いもしないですよね。
実際に高カロリーな一面はありますが、上記の通り脂質が高いので食べ過ぎることが少なく、腹持ちがいい食材です。

ダイエットとなると食事制限をしてストレスが溜まったり、でもつい小腹が…と間食に走ってしまうことも少なくありません。
けれどそんなタイミングが少なくなれば、食べたいものをきちんと食べてストレスフリーに痩せることも可能です。
(もちろんどんな食材でも、食べ過ぎには注意しなければなりませんが)

4. 食卓を華やかにするスペアリブの存在

スペアリブはまさにパーティーにうってつけの華やかな食材です。
それなのに豚の骨付バラ肉は安価なのも魅力のひとつ。

下味をつけたスペアリブを10分ほどオーブンで焼き、その後お好みの野菜を(たとえばじゃがいもやにんにくなどと焼くとボリュームも風味もとてもよく仕上がります)スペアリブとともにまた15分ほど焼けば、あっという間にメイン料理に変身します。
少しの下ごしらえさえすれば、お友達とおしゃべりしている間に焼けてしまうなんて、とっても簡単に調理できてしまって驚きですよね。

というように、スペアリブはアウトドアで大活躍な存在でありながら、とても身近でもある親しみやすい食材なのです。
ぜひこれからのパーティーシーズンに、お家でご家族やお友達とスペアリブを囲んでみるのはいかがでしょうか?
ぐっと華やかになること間違いありません。

ローストポークはいろんなソースで楽しもう!ヘルシーな肉料理!

ローストポーク

食卓の真ん中にどーんと存在感たっぷりに在る、というイメージが強いローストポーク。スペシャルな日にはメニューに選ばれることがとても多いメニューです。ローストポークはローストビーフとは異なり、レアにすることなく、中までしっかりオーブン(もしくは鍋)で調理します。

牛肉と違い、火の通りが早いのが豚肉の特徴です。なので、火加減に注意しながら肉汁をぎゅっと逃さない調理をすることが美味しいローストビーフをつくるポイントです。また使う部位を脂肪の少ないものを選ぶことでヘルシーなローストポークを作ることもできます。

1. お肉の歴史はヨーロッパにあり

ローストポークもやはりヨーロッパで生まれました。お肉大国ドイツ、オーストリアあたりで発祥したと言われています。ソーセージで有名なこの2つの国ですが、ローストビーフの生みの国でもありました。

ローストポークは家庭や地域により多くの味付け方法があります。ソースをかける、下味のハーブにこだわる、またそのまま食べるのはもちろん美味しいのですが、カツレツやサラダのトッピング、パスタ、どんぶりものにも変身します。すでに火が通っている食材なのでアレンジも時短で簡単です。

大きい肉のかたまりを買うのは少し抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、一気に調理をしておいて、少しずつ他の料理に変身させて食卓に並べられるので忙しい方や時間があまりない方にもぴったりです。

2. ソースが味の決め手!お好みのソースを探そう!

では、そのまま塩・ハーブを楽しみながら食べるローストポークもとっても美味しいですが、アクセントとして、ソースをかけることが多いです。このソースもたくさんの種類があるのですが、少しご紹介します。

オーブンまたは鍋でローストポークを作った後に出る肉汁を使ってソースを作ります。

■肉汁+醤油(大さじ2)+みりん(大さじ1)+酒(大さじ1)+砂糖(おおさじ1)+おろしにんにく
このレシピだとかなり和風に仕上がります。ごはんの進む味付けが出来ます♪

■肉汁+醤油(大さじ1)+バター(10g)+砂糖(小さじ1)+肉汁と同量程度の水
このレシピだとワインが飲みたくなりますね!バターを使用するので洋風で、とても豚肉になじみが良いです。

他にも肉汁+すりおろしたタマネギ+バルサミコ酢+砂糖の甘みのあるさっぱり味や、肉汁+大根すり+ポン酢でも美味しく頂けます♪すべてのソースに共通することは「肉汁を使うこと」です。豚肉のうま味が凝縮されている肉汁を使って、あなた好みのグレービーソースを作ってみてください。

スペアリブはどこでも主役級!簡単で美味しい肉料理の代表格!

スペアリブ

「がっつりお肉を食べたい!」というときに思い浮かぶ肉料理といえば・・スペアリブです。見た目のインパクトも強く、味も濃い目が美味しい肉料理の代表メニューです。

そもそもスペアリブとはどこの部位のことをいうかご存知ですか?つづりはspare(痩せた、ぜい肉がない) ribs(あばら骨)。という意味で、骨付きのあまり脂肪のない部位のことを表しています。羊や牛などもありますが、家庭でも取り扱いやすいのはやはり豚のスペアリブでしょう!

1. 豚肉を食べることで美しくなれる、豊富な栄養分

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。(なんと牛肉の約10倍!)疲れやすい体や、筋肉を使った時の疲労感、体のむくみなどにとても良い影響をもたらしてくれます。またビタミンB12も含まれており、豚肉のビタミン群は体のパワーアップ&美肌にも影響力大なんです!

美味しくて、美容にも良い食材なんて、嬉しすぎます!またタンパク質も豊富に含まれておりこれは骨、関節などの体の基本を作る、また髪や爪にもとても良いという、これまた美容に貢献してくれる栄養素を持っています!

2. まとめて調理して、おうちの常備食に

豚肉の調理はとても簡単なものが多いですが、スペアリブは群を抜いて簡単です。またつけ込むことでお肉がやわらかくなったり、長い保存が可能になるなど保存食にも向いています。さらにもう1つ、美味しく食べるポイントをご紹介します。

<下ゆでをする場合>
ちょっと面倒かな、と思うのですが、この一手間が格段に味に変化をもたらします。

■しょうがの皮、ねぎの青い部分、酒(大さじ3)、塩(小さじ1/4)、コショウ(少々)、水(カップ1/3)を加えてフライパンでスペアリブを煮ます。中火にして触らないようにほっておきましょう。

■しょうがの皮、ネギの青い部分をのぞき、冷蔵庫で1日ほっておきましょう。

こうすることで余計な油を除くことができ、どくとくの臭みもほとんど気にならなくなります。また骨離れも良くなり、食べやすくなりますよ!その後はお好きな下味をつけて、焼くor煮るだけです。味は味噌系、醤油系、甘辛系、マスタードや蜂蜜などを使用して、お好みの味を見つけてください♪

3. 外で食べるスペアリブは最高!テンションUPのBBQメニュー!

そして!スペアリブは食卓だけに収まりません!アウトドアでもみんなに「おおー!」と喜ばれる簡単メニューです。炭火で焼けばうま味も倍増です♪

BBQの前、前々日にスペアリブに下味をつけて、ジップロックをしておきます。それをBBQに持っていきましょう!つけダレも不要で、骨付き肉をがぶり!と外でたべることは、正直食卓よりも数倍美味しく感じるはずです。お子様や男性にも喜ばれるメニューなので、本当におススメです。

余ったスペアリブ、何の料理に変身させよう?

スペアリブ

 

味がしっかりついたスペアリブ。肉! の存在感が大きくて美味しさも抜群ですが、残してしまうと、翌日も食卓にのせるのは・・・正直、飽きてしまいますよね。そんな時はアレンジ料理しませんか! 今回はスペアリブを和食に変身させます。

1. 胡瓜とワカメの酢の物 スペアリブ和え

材料・・・余ったスペアリブ
輪切りにした胡瓜
水で戻した乾燥ワカメ
塩(少々)
お酢(少々)
白ゴマ(適量)

調理・・・スペアリブを骨から外し、食べやすい大きさに切る。
ボウルに胡瓜を入れ、塩でよく揉み、水気を取り除く。
水で戻したワカメとスペアリブをボウルに入れ、お酢加えて和える。
お鉢に盛り付け、最後にゴマをふる。

時間・・・5分

ポイント・・・スペアリブに甘辛い味が付いているので、
調味料はいりません。塩とお酢で味をひきしめれば
立派な和食の小鉢が完成します。

2. 和風スペアリブおにぎり

材料・・・余ったスペアリブ
茹でたほうれん草
小口切りしたあさつき
みじん切りした生姜(少々)
炊きたてのご飯
海苔

調理・・・スペアリブを骨から外し、食べやすい大きさに切る。
すでに茹でてあるほうれん草を細かくカットする。
ボウルにご飯とスペアリブ、ほうれん草とあさつきを 入れて混ぜ合わせる。ピリっとさっぱり味にしたい時は生姜を 多めに投入する。
手で握って、海苔を巻いて完成。

時間・・・5分

ポイント・・・スペアリブが脂っこいので、生姜が味のアクセントになります。生姜が苦手な方は、かつおぶしを多めにふりかけても美味しくたべられます。味付けは不要です。

加工肉を食べると大腸がんの確率が上がる?

加工肉

うわ~、恐ろしいタイトルです。肉食系女子の私にとって10月下旬に発表されたWHOの発表は衝撃的でした。えっ、どんな内容だったかって? 忘れてしまった? それでは、詳しく説明していきます。そして加工肉を愛する皆さん、安心してください!

1. 世界保健機関(WHO)の発表の意味は?

2015年10月26日、WHOはベーコンやソーセージ、ハム等の加工肉は発がん性があるという分類をしました。それによると専門機関・国際がん研究機関(IARC)は『加工肉を50g毎日食べた場合、大腸がんにかかる確率が18%上昇する』と報告したのです。18%という具体的な数字を見せられると、多くの人は「100人中の18人が発症する」と思ってしまいますよね。

でも、これは数字のマジックです。落ち着いて読み解いていきましょう。今までは日本人1万人の中で大腸がんになるリスクは9・7人だったけれど、今回調べたところによると11・5人になった、と述べています。その上昇率が18%というワケ。しかも、この調査は10カ国から22人の専門家がフランスのリヨンに集まり、8日間かけて文献を研究してリスクを分離類したものらしい。日本人の食生活だけを調査したものではないし、ましてや文献を紐説いたものなので・・・信憑性は・・・・どうかしら?

2. WHOの発表に世界各国が反発!

この発表を受けて、北米肉食協会は「最初から特定の結果を導き出すためデータを歪曲した」と痛烈に批判。ドイツの農相も「無用の心配を与える」「食べることを怖がることはない」とコメントした。日本の専門機関の国立がん研究センターも「そもそも日本人の平均は1日13g(2013年調べ)。普通にしていれば大丈夫」と見解。某ハム会社の社長も「基本的に日本人の摂取量では問題ない」と安全性を強調した。加工肉好きの皆さん、少し安心できました?

そもそも、WHOでは「毎日50g食べると」と言っています。いくら私が肉大好きだからといって、お寿司を食べる日もあれば、煮魚や焼き魚を食べる日もあります。毎日ということそのものが日本にそぐわない前提でしょう。しかし、食事の摂り方をしっかり考えてくださいと促された、と自戒する良い機会にはなりそうです。私はいくら肉や加工肉が好きでも、同じくらいの量の野菜を食べるし、加工肉に焦げ目をつけないように調理しています。そういった努力も怠らないようにしましょう、と注意されたに違いありません。

ちなみに加工肉とは、ベーコン、ソーセージ、ハム、サラミ、コーンビーフ、ビーフジャーキーなどを指します。ひき肉は加工肉ではありません。なぜなら燻製や塩漬けなどを行っていないから。加工肉は、美味しく食べられて保存ができるように工夫を凝らした、人間の英知の賜物です。その素晴らしさを壊さないように、これからも感謝の気持ちを持って加工肉を食べて行きましょう!