豚肉

日本は豚肉をよく食べる国かしら?

2016/12/29

豚肉
宗教上の理由によって豚肉を口にしない人々がいます。一方で豚肉が大好きな人々も大勢います。そこで肉食系女子の私は、考えました。日本は豚肉を良く食べる国? それとも少ない国? イメージでは、豚の生姜焼きやとんかつ、豚のしゃぶしゃぶなど美味しい料理がいっぱいあります。消費量が多い国なのでは?

1. 日本は豚肉の消費量が少ない国だった

USDA(米国農務省)の出典資料によると、2013年に豚肉消費量の最も多かったのは中国・EU諸国・米国で、総量8300万トン、全世界合計消費量の78%を占めるそうです。4位がロシア、5位がブラジル、6位がやっと日本になります。といってもEU(欧州連合)諸国とはオーストリア・ベルギー・チェコ・デンマーク・フランス・ドイツ・イタリア・スペイン・英国など28カ国が加盟していますから、日本は下位の方に属するといっていいでしょう。

さらに日本人が消費する豚肉の49%は輸入でまかなわれているというのです。2013年の輸入量は958000トンとのこと。もう数字が大き過ぎて、意味がわからなくなってきました・・・とほほ。

2. 日本はどんな国から豚肉を輸入しているの?

私が食べている豚肉は国産かしら? 外国産の豚かしら? だんだん興味がわいてきました。日本の豚肉輸入元は1位がアメリカ、2位がカナダ、3位がデンマーク、4位がメキシコ、5位がチリとなっています。1位と2位は納得ですが、3位がデンマークとは意外でした。

デンマークの首都はコペンハーゲンで、アンデルセンの人魚像があるくらいの知識しかなかった私。調べてみると、デンマークは、高品質な農産物の輸出国として長い伝統をもつ農業国だったのです。デンマークで生産される豚肉の80%が輸出に向けられたもので、日本も重要な市場の一国らしいのです。日本へは豚肉が冷凍で届き、加工用になる事が多いようです。きっと私もデンマークの豚肉と知らずに食べていたことでしょう。

ところで、あなたは豚肉とどのように調理して食べますか? アメリカではスペアリブが有名ですね。ドイツではアイスバイン、フランスではリエット、中国では酢豚やホイコーロー。どこかの国では豚の丸焼きを祝料理として振る舞うのだとか。日本人の私は、やっぱりとんかつで決まりです!


-豚肉