チャーシュー

出来合いの煮豚は、出汁を取るのに最適!麺合わせで楽しい!

煮豚

煮豚は、豚肉でも柔らかい部分を使います。そのため、バラ肉や肩ロース肉のブロックをうまく使って、コトコト煮込む人も少なくないでしょう。

ですが、せっかく買ってきたブロック肉も、バラ肉では脂がこってりギトギトになってしまい、肩ロースではパサパサになってしまうことはありませんか?

わざわざ買うほどでも…と思っている方が多い煮豚ですが、豚肉の加工品の中でも、地方の特産品として販売されているものが圧倒的なんです。

1. ビールの おつまみ なら、煮豚以外には考えられない!

角煮、といえば沖縄料理に欠かせません。沖縄、といえばソーキそばが有名ですが、特徴はスペアリブ。軟骨や脂身が程よく汁にマッチした絶品ですが、これが健康長寿の源です。

豚肉の脂は、カロリーが高い…そう思っている方が多いようです。が、実は牛肉も豚肉も脂は、メタボの原因にはなりません!脂は完全に消化され、体外に排出されます。安心して、煮豚をまず購入してください。

煮豚のすごいところは、なんといっても「味付け」です。沖縄の豚肉料理は本州よりも味が濃いことで知られていて、その影響か、市販されている煮豚も、濃い目の味が特徴。ですから、ビールによく合い、程よい脂分も乗っていて、うまいのです。

2. 絶品は、煮豚を出汁にした、煮豚そば!

ですが、やはり味わいたいのは「煮豚そば」でしょう。煮豚はラーメンに入れる、という人がいますが、温かいそばに入れたり、ざるそばのつゆに入れたりすると、実に美味しいのです。

料理は実に簡単。冷凍のスライスした鴨肉がよく売られていますが、その多くはハンガリー産。ですが、豚肉は国産ものばかりです。

また、地方独特の煮豚をインターネットで購入して、出汁を作る段階で、煮豚を入れます。豚肉が入ることで、体内の温度が高くなり、血液の循環がとてもよくなります。冷え性の方、あるいは体が硬い、というかたは、煮豚を入れることで血行を促進する効果も得られるんです!

3. 煮豚は生姜が合う!贅沢な煮込み汁にはコラーゲンがいっぱい!

豚バラといえば、脂身。コラーゲンがふんだんに含まれていて、美肌にいい!と言われています。ですが、実際には美肌効果は医学的には立証されていません。

では、なぜ脂身がいいのか?それは、デトックスにあります。豚の脂を食べると体脂肪が増える?のではありません。むしろ、消化されずにそのまま排出されてしまいます。

コラーゲンの一番の力は、カルシウムをがっちりキャッチする機能。美肌効果ではなく、丈夫な骨をつくる基本になっていることの方が、重要なのです。煮豚そば、絶対に美味しいですよ!


関連記事

煮豚は長期保存もOK!メインのおかずにぴったり!... 男性の好きなおかずランキングには必ずこのメニューがのっています!煮豚(角煮)です。口の中でホロホロととろける油と肉のうま味、味も濃いめに作るので、長期保存もきき、おつまみにも大変身!万能なメニューです。 香味野菜と一緒に煮て、甘辛く味付けした、と...
チャーシューと煮豚の違いとは チャーシューと煮豚の違い。よく知っている様で、それぞれの名前を聞いても頭に浮かぶイメ−ジは同じだという方も多いのではないでしょうか? 1. チャーシューの正体! ラーメンのもうひとつの主役と言っても過言ではないチャーシュー。豚肉を焼いた料理の一種で...
『チャーシューの作り方』 トロトロとろける焼豚ができる!?... チャーシューといえば皆様はどんなチャーシューの作り方を思い浮かべるでしょうか?たとえば、「しっかりした味つけ」、「大きいほうが嬉しい」、はたまた「分厚いほうがいい」などでしょうか? ですが、チャーシューといえば、「ホロホロとトロける食感」ではない...
残った煮豚、どうやって使いこなそう?...   昨晩の煮豚が残ってしまった。どうしよう・・・こんな経験ありませんか? お中元やお歳暮で煮豚をいただき家の中に余っていることもありますよね。そんな時はアレンジ調理で、さらに美味しい料理に変身させちゃいましょう。煮豚自身に味が付いている...
チャーシューを使った簡単レシピ! チャーシューを使った料理といったらラーメン、チャーハンあたりがメジャーですよね。 ですが、それだけじゃ飽きてしまうし贈り物としていただいたチャーシューだとなかなか量も減りませんよね。 今回はそんなチャーシューを使った簡単レシピをご紹介します。 1...