豚肉

イベリコ豚と日本のブランド豚の違いは?②

2016/12/29

イベリコ豚
イベリコ豚は美味しいけれど、日本の豚だって負けてはいません!ブランド豚(銘柄豚)で有名なのは、鹿児島産の黒豚(バークシャー)ですが、岩手産のプラチナポーク、東京産の「TOKYO X」、沖縄県産の「アグー豚」も話題の豚です。そこで、問題。日本には幾つくらいランド豚があるでしょうか? 答えは300~400ほど。では、なぜそんなに多いのでしょう・・・不思議ですね。

1. 日本にブランド豚が多いワケ

ブランド豚(銘柄豚)は、品種や飼料、飼育方法や環境などを工夫することで、美味しい味だと話題になっています。しかし銘柄豚を名乗るための公的な認定制度はありません。

ですから、情熱をかけて取り組んでいる生産者さんもいますし、ブランドを利用しているだけの生産者さんもいるようです。私達は、銘柄の権威だけに頼らず、目と舌で「良質か、美味しいか」を判別することが大切ですね。また品質がいつも揃っているか、一定量の出荷ができているか等もチェックすると、生産者を知る手掛かりになるようです。

2. 日本のブランド豚も美味しい!

ブランド豚は美味しい! その味の醍醐味を自分流に紹介します。

鹿児島産の黒豚・・・肉は艶のあるピンク色。筋繊維が細かく弾ずむ肉質が魅力。脂肪は臭みがなく融点が高いので口の中でまるやかに溶けて甘みが広がります。

岩手産のプラチナポーク・・・奥羽山脈の湧水を飲料とし、ミネラルたっぷりの活性水を飲んで育ったため、柔らかな肉質でまろやかな味。脂身が厚く旨みが深い。白金豚ともいう。

東京産のTOKYO X・・・肉質がきめ細かいバークシャー種と中国の北京黒豚、霜降りが特徴のデュロック種を5世代にわたってかけあわせて固定化した新豚。口の中でとろける柔らかな脂肪の舌触りが特徴です。

沖縄産のアグー豚・・・約600年前に中国から沖縄に入り、飼い続けられてきた島豚。今はアグーの雄と西洋豚の交配しています。身体が小さく多産ではないため、貴重な豚とか。肉は柔らかく臭みが少ない。赤身にも脂肪がついているので旨みも倍増。

他にも山梨産のワイン豚や埼玉産のスーパーゴーレデンポーク、神奈川産の高座豚などいろいろあります。お好のみの味を求めて、食べ比べてみるのもいいですね!

3. 三元豚ってブランド豚のことなの?

ところで、三元豚・四元豚という言葉を聞いたことがあります。これはブランド豚のことでしょうか? 調べたところ、交配の豚の種類をさした言葉でした。豚はランドレース種、大ヨークシャー種、バークシャー種、デュロック種などの種類があり、生産者が独自の掛け合わせを考えて美味しさを追求しているようです。平牧三元豚や庄内三元豚などは有名ですね。

豚肉といっても、知らないことばかりでした。調べることは食べることと同じくらい楽しかったです。私は肉食系女子ですから、いつか最高級のイベリコ豚を食べてみせます・・・まぁ、当分の間は財布と相談ですけれど。


-豚肉