チャーシュー

チャーシューと煮豚の違いとは

チャーシュー 煮豚

チャーシューと煮豚の違い。よく知っている様で、それぞれの名前を聞いても頭に浮かぶイメ−ジは同じだという方も多いのではないでしょうか?

1. チャーシューの正体!

ラーメンのもうひとつの主役と言っても過言ではないチャーシュー。豚肉を焼いた料理の一種です。語源は、中国語で「串焼き肉」を意味する叉焼肉(チャーシューロウ)から来ています。
そう、本来中国での位置付けは「焼き豚」なのです。

皮つきの豚のバラ肉に塩と五香粉など香辛料を塗布し、語源の通り、串などに刺し、専用の炉の中で吊るして炉で茶色に焼きます。

食紅と蜂蜜などを塗って、数時間炙り焼いたもので、縁が紅色になるのが特徴的です。
広東料理では味も蜂蜜の代わりの麦芽糖やコーンシロップを塗って焼いた「蜜汁叉焼」が主流で、比較的甘いものも多いです。

2. 日本のチャーシューは焼かない!?

日本のラーメン屋でお目にかかるチャーシューは、様子が違うことにきっとお気付きのことと思います。
これには理由があり…

日本のラーメン屋の多くは、チャーシューを焼くための炉がありません。
そのため、鍋の醤油で肉を煮て作る、中国で「醤肉(ジャンロウ)」と呼ぶ「煮豚」が具として多用されるようになりました。

豚のバラ肉、肩ロース、もも肉などを麻糸でしっかり縛り、スープの中で煮込んでからラーメン用のタレにじっくり漬け込むのが一般的なつくり方です。

醤肉は直火焼きでフライパンで作る方法があることや、煮汁を出汁やタレに流用できるなどの点においても、ラーメンの具とするにはうってつけだったと言えます。

3. チャーシューによってこんなにも違う!

日本のいわゆるチャーシューでも、豚肉のどの部位を使うかによって味も調理法も変わってきます。
たとえば…

・バラ肉
脂分は一番強い部位で脂身が外側になるように糸で巻きます。赤味と脂が層になり煮崩れしにくく、切った面がロール状になっています。

・肩ロース
味が染み込みにくいので調理に時間がかかりますが、柔らかくキメの細やかな肉質で上品な味を出すことができます。

・そともも
味や染みやすい上に煮崩れしにくいですが、固くなりがちです。

・うちもも
ほど良く柔らかく味も馴染みやすく、肩ロースとそとももの中間ぐらいです。

というように、ラーメン屋のチャーシューと言っても、お店によって間違いなくこだわりがあり、ご自身が好きなお店のチャーシューがどんなものなのか気にかけてみると、より一層食事が楽しくなりそうですね!


関連記事

残った煮豚、どうやって使いこなそう?...   昨晩の煮豚が残ってしまった。どうしよう・・・こんな経験ありませんか? お中元やお歳暮で煮豚をいただき家の中に余っていることもありますよね。そんな時はアレンジ調理で、さらに美味しい料理に変身させちゃいましょう。煮豚自身に味が付いている...
『チャーシューの作り方』 トロトロとろける焼豚ができる!?... チャーシューといえば皆様はどんなチャーシューの作り方を思い浮かべるでしょうか?たとえば、「しっかりした味つけ」、「大きいほうが嬉しい」、はたまた「分厚いほうがいい」などでしょうか? ですが、チャーシューといえば、「ホロホロとトロける食感」ではない...
チャーシューを使った簡単レシピ! チャーシューを使った料理といったらラーメン、チャーハンあたりがメジャーですよね。 ですが、それだけじゃ飽きてしまうし贈り物としていただいたチャーシューだとなかなか量も減りませんよね。 今回はそんなチャーシューを使った簡単レシピをご紹介します。 1...
煮豚は長期保存もOK!メインのおかずにぴったり!... 男性の好きなおかずランキングには必ずこのメニューがのっています!煮豚(角煮)です。口の中でホロホロととろける油と肉のうま味、味も濃いめに作るので、長期保存もきき、おつまみにも大変身!万能なメニューです。 香味野菜と一緒に煮て、甘辛く味付けした、と...
出来合いの煮豚は、出汁を取るのに最適!麺合わせで楽しい!... 煮豚は、豚肉でも柔らかい部分を使います。そのため、バラ肉や肩ロース肉のブロックをうまく使って、コトコト煮込む人も少なくないでしょう。 ですが、せっかく買ってきたブロック肉も、バラ肉では脂がこってりギトギトになってしまい、肩ロースではパサパサになっ...