ハム

生ハム – 栄養豊富なお肉の存在 –

生ハム

生ハムは老若男女問わず人気のある食材の一つです。
”おしゃれな食べ物”というイメージをもつ方も多いと思います。

そんな生ハムですが、実は!

栄養もたっぷり備えた健康食品だということをご存知でしょうか?
その正体を知ったら、生ハムがより魅力的に感じられるはずです。

1. そもそも生ハムとは?

主に豚のもも肉やロース肉を塩漬けし、冷燻したものです。
(乾燥させるだけで、燻製にしない”プロシュート”などもあります。この名前もよく聞きますよね)

2. 生ハムは日本人にうってつけの食材!

生ハムにはビタミンB1が多く含まれています。ビタミンB1は疲労回復のビタミンとも呼ばれ、炭水化物(糖質)の代謝を促すため、お米をたくさん食べる日本人には必要な栄養素なのです。

その他の肉加工品に比べて、特に生ハムには多く含まれているのも魅力のひとつです。

3. 生ハムは美容にも効果アリ!

そしてもうひとつ多く含まれているのがタンパク質。体作りにとても大事な栄養素で、お肌や髪の毛を美しく保つためにはタンパク質が必要です。タンパク質は肉類には多く含まれるものですが、肉加工品では生ハムがダントツ!

その上気になる脂質はベーコンの半分くらいと女性に優しい食材です。

4. でも塩分が心配、そんなあなたに…

塩分の摂りすぎが心配だという方は、塩分を体外に排出してくれる「カリウム」と「水分」を一緒に摂れば問題ありません。このふたつを多く含むのが、果物です。

ですので、例えば「生ハムメロン」はとても理にかなった食べ方と言えます。この他にも、キウイ、洋なし、柿、リンゴ、モモ、イチジクやアボカドなど様々なものと相性が良いのでぜひ色々な食べ方をお試しいただればと思います。

また、生ハムはそれだけでしっかりとした味わいがあるので、サラダにすればドレッシングいらず!これまた塩分対策になります。

5. 生ハムはこんな方におススメです!

・体がだるい方
・疲労を回復したい方
・タバコを吸われる方
・お酒をよく飲まれる方
・スポーツをする方

上記のとおり、エネルギーを生み出す栄養を多く含んでいますし、汗と共に流れてしまうビタミンを補給できたり、タバコやお酒で失われてしまうビタミンも摂ることができます。

おしゃれなだけではなく、なんとも多機能な存在である生ハム。
最近はコンビニでも手軽に買えるようになりました。

前菜にするも良し、シンプルなパスタに乗せればそれだけで贅沢感が出ますし、アボガドと組み合わせてどんぶりにすれば、カフェごはんのような食卓を演出できます。

健康に美味しい食事を、生ハムで実現しませんか?


関連記事

お歳暮で頂いたハムの保存方法は? ハムといったらお歳暮の定番ギフトですよね。 いつも家庭で活躍する薄切りのハムとは違い、高級な包装に包まれたハムを見て家族も大喜び! ですが、こういったハムってなかなか一度では食べきれなくて困っちゃいますよね。 「せっかく頂いた高いハムだからい...
ハムの『オレンジ色フィルム』は今もある?... お歳暮にいただいた箱入りのハム。丸太のような極太ハムにはオレンジ色のフィルムがピシっと貼り付いていました。美味しそう~、涎を垂らしていた子どもの頃の私。母親に、ハムをステーキのように厚く切って食べたいと訴えたのですが、その夢叶わず・・・。大人になった今...
ハムに入っている『亜硝酸塩』ってどんなもの?... スーパーで買ったハムお裏側を見たら「亜硝酸塩」という文字を見つけました。これって着色料ですよね。大丈夫なのかしら? そこで、今回も私なりに調べました。肉食系女子を名乗るなら、こういうことも知っておかなくてはね! 1. 「亜硝酸塩」を使うのは確かな理由...
『ハム』や『ソーセージ』の歴史を教えて!... 肉食系女子はハムやソーセージが大好き! スーパーで手軽に購入できるし、ネットでも買えます。食べ放題の店に行けば、味付けの異なったハムやソーセージがたくさん並んでいます。しかしずっと前に祖母が言ってました。「昔はハムもソーセージも高級品だったわ」と。本当...