牛肉

ローストビーフの美味しい切りかた!

ローストビーフ

贈り物としての人気も高いローストビーフ。
クリスマスやお正月などの時期に食卓に並ぶことも多いと思います。
そんな時期は来客も多く、せっかくならおいしい食事を提供したいものです。

しかり、普段あまり食べる機会が少ないローストビーフをいざ食事に出してみると
「あれ?ちょっと硬くて噛み切れない…。」「切りかたがちょっと汚い…。」なんてことにもなりがちです。
これだとせっかくのローストビーフが台無しですよね。

今回はそんなローストビーフの美味しい食べ方、切り方についてご紹介します。

1. ローストビーフは常温で!

ローストビーフの美味しさを一番味わうことができるのは、常温の状態です。
冷蔵庫から出してすぐに食卓に並べたり温めてから出す場合もあるかもしれませんが、常温が一番美味しいとされています。

もちろんこれは好みの問題もあるのですが、もし「今まで温めて食べていた」「冷たいままで食べていた」という方は一度常温で召し上がってみてください。

2. ローストビーフの切りかた!

ローストビーフは他の料理に使っても美味しいですが、薄くスライスしてそのまま食べるのも手軽で美味しいです。
ですが、切って食べてみたらなかなか噛み切れなかったという経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実はローストビーフを美味しく食べるには、切り方が大切なんです。

3. ローストビーフは薄くスライス!

まずひとつめに大切なのが、厚さです。
ローストビーフは繊維がびっしりとしているので、あまり厚くきってしまうとなかなか噛み切れなくなってしまいます。
また、ローストビーフは味付けが肉の表面部分にのみされていることが多いんです。
そのため、あまり厚くきってしまうと味がついている部分が少なくなって、薄味に感じてしまいます。
厚さとしては3mm程度がちょうどいいです。

4. ローストビーフの繊維を絶つ!

ローストビーフの食感が固くなってしまうのは、ローストビーフの繊維を無視して切ってしまっている可能性が高いです。
ローストビーフの繊維に沿って切ってしまうと、どうしても繊維を噛み切るために顎が疲れてしまいます。

そのため、ローストビーフを食べるときは繊維を断ち切る必要があるのです。
お肉の表面を見てみるとシワのような繊維が伸びているのが分かると思います。
この繊維に直角になるように包丁を入れれば、繊維を断ち切ることができるんです。
また切るときに下に力をかけてしまうとお肉が崩れてしまうので、包丁を前後に小刻みに動かすようにしましょう。

ローストビーフを美味しく食べるために気をつけたいのは、
・温度
・厚さ
・繊維を断ち切る
この三つのポイントです。
ちょっとの手間で柔らかく美味しいローストビーフを楽しむことができるので、機会があったら試してみてくださいね。


関連記事

低カロリーと噂のハラミ。ダイエットにはハラミがいいって本当?... 最近、焼肉屋さんで、 「ダイエットしてるからハラミで〜。」 「ハラミだからいっぱい食べちゃお〜。」 なんて言葉を耳にします。 ダイエットにはハラミが効果的なのでしょうか?気になるカロリーは?本当にハラミならたくさん食べても太らないのでしょう...
牛肉の等級でよく聞くA5ランクの肉はどんな肉なのか?... よくA5ランクという、牛肉の等級をテレビや雑誌で見聞きすることが多いと思いますが、実は気になる方もいるのではないでしょうか?そもそも、アルファベットが何を示して数字が何のランクなのか気になりませんか? でも今さら人には聞けないような空気もあるかも...
ハラミ=横隔膜、でも横隔膜ってなんだろう?... 焼肉で食すホルモンの部位、「ハラミ」ですが、それは「横隔膜」という器官です。しかしながら、それがどういう特徴があるのか、そもそも横隔膜って何?という疑問はございませんか? そんな、「ハラミ」についてですが、これから横隔膜について述べ、さらに雑学な...
『ダイエットの時こそ肉を食べよう』って本当?... 先日、友人が面白い情報を教えてくれました。「ダイエットする時、肉を食べた方が綺麗に痩せられるらしい」と言うのです。ガガーン! 私の頭の中にあった今までの常識が吹っ飛びました。「肉を食べると太る」は、もはや昭和の情報だったのでしょうか? その真実を確かめるた...
ローストビーフはパーティーの主役に... パーティーシーズン、クリスマスや結婚式などの大事な食事の場でも目にすることがあるローストビーフ。贅沢感をもつ方も少なくないと思いますが、今回はそんなローストビーフについて迫ります。 1. 始まりは「サンデーロースト」 ローストビーフは伝統的なイギリ...
牛の「サガリ」と「ハラミ」は曖昧?はっきりさせたい5つのこと... 九州のやきとり屋台で初めて「サガリ」というメニューを知りました。サガリの串は、他の串よりも値段が高めだったように記憶しています。「美味しいですよ。」と促されて注文すると、やきとりのように串に刺さった牛肉が出てきました。 牛の「サガリ」と呼ばれる部...
そもそもカルビは部位のこと?聞かれたら説明できますか?... 焼肉屋さんでカルビを注文するとお店によってカルビの見た目や味が違っていたりします。霜降り肉やそうでないもの、脂と赤身が層になっているものいないものなどいろいろです。 テーブルに運ばれてきたカルビを見て、「ん?これカルビ?なんだか期待していたカルビ...
牛ハラミの場所はどこ?豚ハラミ、鶏ハラミ、鮭の腹身。場所はどこ?... ハラミのある場所、ご存知ですか? スーパーで買える鮭腹身は身近で、“腹身”という名前からお腹の身と想像がつきます。 牛ハラミのハラミも“腹身”と書くようです。牛ハラミの場所も鮭と同じお腹の場所と考えてよいのでしょうか? 豚や鶏はどうで...
『牛の個体識別番号』 検索すると牛の履歴がわかります... スーパーの精肉コーナーに並んでいる牛肉のパッケージをよくみると、商品名や値段などが表示してあるラベルに「個体識別番号」という小さな10桁の番号が印字されています。 個体識別番号は牛1頭ずつに割り当てられた番号で、どこで生まれてどこで育てられた牛な...