豚肉

イベリコ豚と日本のブランド豚の違いは?①

2017/01/01

イベリコ豚
一度は食べてみたい最高級のイベリコ豚。ここ数年、レストランやファミレスのメニューにも出てきますが、さすがに最高級クラスはなかなかお目にかかれません。実は肉食系医女子を名乗る私も食べたことがないのです。本物のイベリコ豚とはどのような味なのでしょう。私が関心を寄せる理由をお聞きください。

1. 柔らかな肉質、甘い白身(脂身)、豊かな風味!

まずは基本的な知識から。イベリコ豚は、イベリア種100%純血かイベリア種とデュロック種を交配した豚(イベリア種50%以上)で、スペイン政府が認証したものを指すそうです。イベリコ豚は生後50~60日まで母豚の母乳を飲み、その後は健康的な身体を作るために広大な牧草地で放し飼いされます。主にどんぐりや牧草を食べて育ちますがその時期の食べ物は最小限。

体重が90~100kgなると、モンタネーラという期間に入ります。これは放牧肥育期間だそうで、どんぐりやハーブなどをたくさん食べて一気に体重を増加させます。イベリコ豚は自然に近い環境で育つためストレスが少なく、十分な運動と自然の恵み(どんぐり)を沢山たべるので、柔らかな肉質になるそうです。

このモンタネーラ期間中、人工的なエサを与えず、どんぐりを食べて丸々と太った豚は全体のわずか10%ほど。これが最高級のイベリコ豚で「ベジョータ」と呼ばれます。モンタネーラは行いますがどんぐり以外の飼料を与えられて育ったイベリコ豚を「レセボ」、モンタネーラは行われず穀物や豆類などの飼料で育ったイベリコ豚を「セボ」と呼びます。そのため肉質や風味に大きな差が生まれるのですね。でも、どれもイベリコ豚と呼びます。

2. 最高級のイベリコ豚は どんな味?

ここからは、資料を読んだ味について書きます。私は食べたことがないので・・・真実がどうかわりませんが。最高級(ベジョータ)のイベリコ豚は、赤身が柔らかく濃厚な甘みがあるそうです。白身(脂身)はとさらっとした口あたりらしい。そして白身からナッツのような芳醇な香りがするとか。香ばしいということかな? きっとどんぐりをお腹いっぱい食べて育ったからですよね。

そしてその白身はオレイン酸を豊富に含んでいるので、身体に吸収されにくく太らない脂といわれているそうです。オレイン酸はお肌や髪の保湿効果もあるっていわれていますよね。つまりイベリコ豚は、味良し、成分良しの豚といえます。しかし値段は高し・・・。高級百貨店の食品売り場で購入することができますが、ネット通販でも手にいれられます。その際は、イベリコ豚のランクをよく見てから決めてくださいね。

ちなみに、イベリコ豚を家で調理する時は、油をひかず肉から溶けだす良質な白身で調理するのが1番美味しいのだそうです。肉を買う事ができなくても、ハムになっていたり、チョリソーになっていたり、ベーコンになっていたりするイベリコ豚の加工品もありますよ。私どれでもいいから、あwww食べたい、イベリコ豚!


-豚肉