チャーシュー

残った煮豚、どうやって使いこなそう?

 

煮豚

昨晩の煮豚が残ってしまった。どうしよう・・・こんな経験ありませんか? お中元やお歳暮で煮豚をいただき家の中に余っていることもありますよね。そんな時はアレンジ調理で、さらに美味しい料理に変身させちゃいましょう。煮豚自身に味が付いているので、ササっと手を加えるだけ。短時間で豪華な料理になります。

1. 煮豚を使ったゴージャスサラダ

材料・・・余った煮豚
千切りキャベツ
ちぎったサニーレタス
水にさらした玉ねぎの細切り
マヨネーズ(少々)

調理・・・煮豚を手で細かくほぐし、ボールに入れる。
そこへ千切りにしたキャベツと水にさらした玉ねぎを入れる。
塩・コショーで味を整えた後、少量のマヨネーズを加えてよく混ぜわせる。
皿にサニーレタスを敷き、その上に盛つける。

時間・・・5分

ポイント・・・煮豚自身に味が付いているので、調味料は少々でOK。
マヨネーズを避けたい時は、市販のコールスロードレッシングで和えても美味しく仕上がる。
プチトマトを加えたり、細切りにしたミョウガを加えたりしても味にアクセントが。お好みでどうぞ!

2. 煮豚のガーリックピカタ

材料・・・角切りにした煮豚
卵1個
薄力粉 大さじ1杯
ドライパセリ 少々
ガーリックパウダー 少々

調理・・・ボウルに卵、薄力粉、ガーリックパウダー、
ドライパセリを入れ混ぜわせる。
角切りにした煮豚をボウルの液に絡め、
フライパンで両面を焼く。

時間・・・10分

ポイント・・・風味を加えたい時は、ボウルに白ワインを加えると○。
さっぱり味にしたい時は、カレ-粉を焼き上がった
ピカタに振りかけても美味しい。
煮豚は旨煮になっているので、調味料はいらない。
子どもにはお弁当のおかず、大人はお酒のおつまみに、と大活躍する逸品!


関連記事

チャーシューと煮豚の違いとは チャーシューと煮豚の違い。よく知っている様で、それぞれの名前を聞いても頭に浮かぶイメ−ジは同じだという方も多いのではないでしょうか? 1. チャーシューの正体! ラーメンのもうひとつの主役と言っても過言ではないチャーシュー。豚肉を焼いた料理の一種で...
出来合いの煮豚は、出汁を取るのに最適!麺合わせで楽しい!... 煮豚は、豚肉でも柔らかい部分を使います。そのため、バラ肉や肩ロース肉のブロックをうまく使って、コトコト煮込む人も少なくないでしょう。 ですが、せっかく買ってきたブロック肉も、バラ肉では脂がこってりギトギトになってしまい、肩ロースではパサパサになっ...
煮豚は長期保存もOK!メインのおかずにぴったり!... 男性の好きなおかずランキングには必ずこのメニューがのっています!煮豚(角煮)です。口の中でホロホロととろける油と肉のうま味、味も濃いめに作るので、長期保存もきき、おつまみにも大変身!万能なメニューです。 香味野菜と一緒に煮て、甘辛く味付けした、と...
『チャーシューの作り方』 トロトロとろける焼豚ができる!?... チャーシューといえば皆様はどんなチャーシューの作り方を思い浮かべるでしょうか?たとえば、「しっかりした味つけ」、「大きいほうが嬉しい」、はたまた「分厚いほうがいい」などでしょうか? ですが、チャーシューといえば、「ホロホロとトロける食感」ではない...
チャーシューを使った簡単レシピ! チャーシューを使った料理といったらラーメン、チャーハンあたりがメジャーですよね。 ですが、それだけじゃ飽きてしまうし贈り物としていただいたチャーシューだとなかなか量も減りませんよね。 今回はそんなチャーシューを使った簡単レシピをご紹介します。 1...