その他

加工肉を食べると大腸がんの確率が上がる?

加工肉

うわ~、恐ろしいタイトルです。肉食系女子の私にとって10月下旬に発表されたWHOの発表は衝撃的でした。えっ、どんな内容だったかって? 忘れてしまった? それでは、詳しく説明していきます。そして加工肉を愛する皆さん、安心してください!

1. 世界保健機関(WHO)の発表の意味は?

2015年10月26日、WHOはベーコンやソーセージ、ハム等の加工肉は発がん性があるという分類をしました。それによると専門機関・国際がん研究機関(IARC)は『加工肉を50g毎日食べた場合、大腸がんにかかる確率が18%上昇する』と報告したのです。18%という具体的な数字を見せられると、多くの人は「100人中の18人が発症する」と思ってしまいますよね。

でも、これは数字のマジックです。落ち着いて読み解いていきましょう。今までは日本人1万人の中で大腸がんになるリスクは9・7人だったけれど、今回調べたところによると11・5人になった、と述べています。その上昇率が18%というワケ。しかも、この調査は10カ国から22人の専門家がフランスのリヨンに集まり、8日間かけて文献を研究してリスクを分離類したものらしい。日本人の食生活だけを調査したものではないし、ましてや文献を紐説いたものなので・・・信憑性は・・・・どうかしら?

2. WHOの発表に世界各国が反発!

この発表を受けて、北米肉食協会は「最初から特定の結果を導き出すためデータを歪曲した」と痛烈に批判。ドイツの農相も「無用の心配を与える」「食べることを怖がることはない」とコメントした。日本の専門機関の国立がん研究センターも「そもそも日本人の平均は1日13g(2013年調べ)。普通にしていれば大丈夫」と見解。某ハム会社の社長も「基本的に日本人の摂取量では問題ない」と安全性を強調した。加工肉好きの皆さん、少し安心できました?

そもそも、WHOでは「毎日50g食べると」と言っています。いくら私が肉大好きだからといって、お寿司を食べる日もあれば、煮魚や焼き魚を食べる日もあります。毎日ということそのものが日本にそぐわない前提でしょう。しかし、食事の摂り方をしっかり考えてくださいと促された、と自戒する良い機会にはなりそうです。私はいくら肉や加工肉が好きでも、同じくらいの量の野菜を食べるし、加工肉に焦げ目をつけないように調理しています。そういった努力も怠らないようにしましょう、と注意されたに違いありません。

ちなみに加工肉とは、ベーコン、ソーセージ、ハム、サラミ、コーンビーフ、ビーフジャーキーなどを指します。ひき肉は加工肉ではありません。なぜなら燻製や塩漬けなどを行っていないから。加工肉は、美味しく食べられて保存ができるように工夫を凝らした、人間の英知の賜物です。その素晴らしさを壊さないように、これからも感謝の気持ちを持って加工肉を食べて行きましょう!


関連記事

余ったスペアリブ、何の料理に変身させよう?...   味がしっかりついたスペアリブ。肉! の存在感が大きくて美味しさも抜群ですが、残してしまうと、翌日も食卓にのせるのは・・・正直、飽きてしまいますよね。そんな時はアレンジ料理しませんか! 今回はスペアリブを和食に変身させます。 1. ...
ローストポークはいろんなソースで楽しもう!ヘルシーな肉料理!... 食卓の真ん中にどーんと存在感たっぷりに在る、というイメージが強いローストポーク。スペシャルな日にはメニューに選ばれることがとても多いメニューです。ローストポークはローストビーフとは異なり、レアにすることなく、中までしっかりオーブン(もしくは鍋)で調理し...
骨まで愛して!スペアリブなら丸ごと食べよう... BBQでは欠かせないのが、スペアリブ。屋外で食べる料理の中でも、骨つき肉は自然の中でワイルドに食べるのが、また楽しいものです。 1. とんこつ、好きなら絶対に試そう、スペアリブ丸ごと大作戦 ところで、スペアリブといえば、豚バラ肉。ですから骨がついて...
スペアリブはどこでも主役級!簡単で美味しい肉料理の代表格!... 「がっつりお肉を食べたい!」というときに思い浮かぶ肉料理といえば・・スペアリブです。見た目のインパクトも強く、味も濃い目が美味しい肉料理の代表メニューです。 そもそもスペアリブとはどこの部位のことをいうかご存知ですか?つづりはspare(痩せた、...
スペアリブ – 魅力も味も詰まったジューシーな食材 –... スペアリブと聞いてどんなものをイメージしますか? バーベキューなどの屋外イベントにはわりと登場する、 存在感のあるお肉料理だと感じられる方も多いのではないでしょうか。 そんなスペアリブですが、実は家でも簡単に調理できますし、 健康にもいい一...